衝撃体験!アンビリバボー

衝撃体験スレをまとめるブログです。

ニュース・vip系

生活系

馴れ初め

「お願いがあるの。〇〇〇(転勤先)に私も一緒に連れていって下さい。」 酔っぱらいから助けたホステスと客として仲良くしていたんだが…

1703168_02

496: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2008/01/24(木) 11:58:09
長文&携帯からスマン。十年くらい前の話。

ある日俺は始発近くまで飲んで駅に向かっていると、駅近くの路地で水商売風の女性が酔っ払いに絡まれていた。
その女性から助けを求められたので、その親父を追っ払ってあげた。それが嫁さんと初めての出会いだった。
彼女を落ち着かせて事情を聞くと、店に来た親父に気に入られ、
閉店後、後を付けられて強引にホテルに連れ込まれそうになったらしい。


バイト先に男慣れしてないお嬢様女子高生が入ってきたんだが

300158_708892_47743402-500x346

485: 名無しさん@お腹いっぱい。[age] 2008/01/07(月) 10:29:22
2歳年下で同じバイトをしていた当時高校生だった嫁 

嫁は大人しくて髪長くて清楚で正にお嬢様といった子だった(本当にお嬢様だった) 
友達と二人で入ってきた嫁をバイト出る日が重なる事が多い俺が面倒を見るようにと 
店長に言われ、よく面倒を見ていた 
当然男慣れしてない嫁は凄いモテたんだが
俺は当時好きな子がいる事もあってかわいい子だなと思ったくらいで
全然恋愛感情は持たなかった 

そんな折、好きな子に彼氏が出来て俺失恋確定。しばらく落ち込んだ後バイトで 
前々から好きな人の事を嫁に話してた俺は半ばヤケになりながら嫁に失恋を報告した 
その時、嫁が無言になったから俺は気を使わせてるかな?と思い軽い気持ちで 
「○(嫁)ちゃんは俺とは違ってモテるからうらやましいよw」と明るくしゃべった 

すると嫁は「でも、本当に好きな人は私の事を恋愛対象として見てくれないんです」と言い、バイトの男連中のほとんどは嫁に好意を持ってるしその事を知ってた 
俺は驚いて「え?○ちゃんの事恋愛対象として見てくれない奴なんているの!?」 
って返したら嫁に告白された・・・ 

会社の同期の良く飲みに行くメンバーの女と結婚したらその中で中心に居た可愛い子が文句言い始めたんだが…

ThinkstockPhotos-483097456


463: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2007/12/07(金) 22:18:23
嫁とは会社の同期だったけど最初は印象薄かった。 
同期の中でもいつも同じメンバー10人弱とで遊んでいたけどそのメンツにはいなかった。 
仕事でチーム組んだ時に初めて話したが「無愛想で真面目な奴だな。でも胸でかいな」 
と思った程度だった。 
だがチームでのみにいったりするうちに段々打ち解け、馬鹿話もするようになると 
結構面白い奴ということが分かって親しくなった。 

そのうち現嫁の元彼と言う奴がいきなり連絡してきたとかで相談を受け、それがもとで付き合うことに。 
同じ職場てこともあって1年ほどで結婚することに決めた。プロポーズはすんなりOK。 

「お試し期間としてなら…」 社会人ながらに惚れてた女子高生に告白した結果

9Sl2heja

444: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2007/12/01(土) 21:36:21
勝手に語る。

嫁との馴れ初めは、俺が小学校6年生のときだ。といってもまったく自分は覚えていない。 
全てこれは伝聞で聞いた話。 

うちはど田舎なので、6年生は必ず1年生の世話に行かなきゃいけない。
俺は掃除当番だった。 
なぜかすごく懐かれた。1年生のクラスほぼ全員に。
その中に嫁はいたのだという。(嫁談) 
ただ、すごく纏わりついてきた子は良く覚えているが、嫁の記憶はない。
近づきたかったけど 遠くから見ていただけだったらしい。 

時間は流れてそれから6年後。俺は18歳になっていた。
自宅の近くにすごく俺と仲のいい姉弟が いて、本当の兄弟のように付き合ってた。で、姉のほうの親友が今の嫁だった。
が、そんなことは 知らない俺は、大学進学のため実家を出たのでまたもすれ違い。
このときが、嫁を思い出せる 一番最初だ。

「いつからブス専になったのよ!バカじゃないの?!」  ブスとか言ってからかってた女に告白した結果

de26694c-s

378: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2007/07/14(土) 21:20:45
長文でスマン。 

嫁は高校の同級生。 
決して美人じゃないけど優しいし面白くていい奴だと評判だった彼女。 
大学は離れて地元で就職してから地元の呑みとかでまた会うようになって 
彼女はバカやって(結構天然)皆を笑わしてくれていた。 
ついブスとか言ってからかってしまっていた。 
俺のこと好きらしいのは知ってたけど彼女が知られたくない 
みたいだから知らない振りをし続けてた。 
ある時、俺が会社の同僚と結婚すると噂が流れて、 
彼女が祝いの呑みの幹事を引き受けたという話と 
「好きになってもらえる可能性はゼロだから幹事でもやってふっきる」 
と言ってるのを聞いたから、 
「俺、結婚しないし、お前は俺のこと好きじゃなかったのか?」 
と電話で言ってしまったら切られた。 
しばらく会うこともなくなったらすごく会いたくなって、 
自分は彼女のことが好きだったことに気付いた。 

喫茶店に物凄くきれいな子が居たので毎日通い続けた結果

b33bca65281f765d3170d9c2f1bc8dd4-e1464070567453

282: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2007/03/15(木) 02:20:09
学生の頃、下宿していた場所に程近いところに、新しい喫茶店ができた。
記念品くれるって書いてあったので、暇なツレと二人でいったら、その店は感じのいい年配の夫婦二人だけでやっていた。男二人でコーヒー飲んで、記念品のキャンディだったかを貰ってその日は帰った。
何日かモーニング食いに通っていると、ある日、いつもとは違って、若い女性がオーダー取りにやってきた。エッ?なんで?って思うくらい、本当にものすごく綺麗なコだった。
俺は、普通の四年制大学に在学中だったし、場所が京都市内だったから、若い綺麗なコは結構見ていたと思うけど、もう桁が違った。
品が良くて清楚で、スラッとしてて適度に身長が高く、透明感があって、小顔で顔のつくりがよく、柔らかく安心できる笑顔をしていた。
いつもと同じものを頼んで、待ってる間スポーツ新聞読んでたりしてたんだと思うけど、意識は当然さっきのコに全部行ってた。本当に「好みの女性のタイプ」という自分の持ってるイメージの、はるか斜め上を行ってた。
それでも、そんなにジッと見てるわけにもいかないだろうから、チラ見してたくらいだったと思う。
(今でも)ヘタレな俺は、その当時、当然付き合ってるようなコもいなくて、大学のツレの男と遊んでいるような有様だった。
無論、声など掛けられる訳もなく、それから1年くらい、ほとんど毎日そのコ目当てに通っていた。

よく飲みに行く9歳上の女性からのフラグを折り続けていたんだが…

lgf01a201311191200-1024x768

84: 名無し@話し合い中[] 2006/07/31(月) 19:12:09
嫁とは某会社で会った。 
俺はちょっと特殊な形態で働いてて、通常は家の在宅勤務だが、 
たまに打ち合わせに会社に顔を出すような形で働いてた。 
嫁はそこに日勤として入った新人さん。 
その会社はすぐに人がやめていくような会社だったので、俺の第一印象は全然ない。 
多分「ああ、また新しい人がはいったんだ」くらいにしか思ってなかったんだろう。 

嫁のほうは俺のことは何にも知らなかったから、 
「勝手に入ってきて挨拶もせずにタバコをふかす怪しいやつ」だと思ったそうだ。 
挨拶くらいするはずなんだが・・・ 

嫁のほうは実は俺より結構年上だったが、容姿は俺と同じくらいかと思ってた。 
その嫁は俺と同じ仕事をするということなので、自然と話すようになった。 
そして、同じ部署の男と一緒に3人でよく飲むようになってた。 

バーテンの女の子を飲みに誘って俺にもたれかかって寝た時に酔った勢いで軽くキスした結果

gJW4INkX

74: 名無し@話し合い中[sage] 2006/07/26(水) 09:47:47
行きつけのバーにいつもより少し早い時間に行った時、カウンターに一人で座ってる人がいた。 
目が合うとペコリと頭を下げられたんだけど、知らない人だったんですぐに無視した俺。 
バーテンダーがそれ見かねて
「お互いよく来るけど時間帯が合わないもんね、この子はバーテンダーの卵。 
勉強かねてよくうちに来てくれてるんだ」とのこと。 

それなら、と俺が頼んで取り寄せてもらってたワインを「勉強がてら飲んでみる?」と聞くと 
「はい!いいんですか?」とパッと顔が明るくなった。
で、「もちろん割り勘だけどね~」と言うと 
明らかにシュン。。とした顔に。なんかおもしろい奴だなぁ、と思った位でその日は特に何てこともなくおしまい。 

何日かしてその店に行くと、カウンターの中にその子がいた。

ライブの打ち上げのときA男が女っ気がなくて寂しいからってんで、見に来ていた子を打ち上げに誘った結果

253: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/14(日) 11:49:05
大学でジャズ研部員だった俺。
その辺のライブハウスや飲み屋でちょくちょくライブしてた。
嫁はジャズ研部員ではなかったが、他のメンバー(A男)の友達で、
ときどきライブを見てくれていたらしい。
あるとき、ちょっとしたライブがあって、打ち上げのときA男が、
女っ気がなくて寂しいからってんで、見に来ていた嫁を打ち上げに誘った。
そこで話をしたのが馴れ初め。
俺はそのときが嫁と会った初めての機会だと思ったけれど、
嫁のほうは、しばらく前のライブのとき俺を見たことがあったらしい。
「前から、なんて楽しそうにサックス吹く人だろう、って思ってた」
「他の人はなんかつまんなさそうにやってるけど、
あんなふうに楽しそうにやってると、見てる方も楽しくなるよ」
と俺のことを評してくれた。(演奏自体はあまり褒めてもらえなかったが・・)

当時俺はとある有名人に憧れて、同じ世界に入るために関連する教室でバイトしながら下積み生活をしていたら教室に入会してきたのが今の嫁で...

244: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/14(日) 04:30:57
特定されても困るから、フェイク混ぜて投下。
俺20代後半 嫁6つ上

出会いは6年前。
当時俺はとある有名人に憧れて、同じ世界に入るために
関連する教室でバイトしながら下積み生活をしていた。
当時、プライベートで怪我したりして、思うように生活出来なくて、
内心夢を諦めかけていた。そんな時期に教室に入会してきたのが今の嫁。
本来なら俺みたいな下っ端アシスタントが、入会した初心者の相手はせず
ベテランさんが担当するんだけど、所用で休みだったから
急遽俺が担当することに。
俺はあまり人付合いが得意じゃないし、相手も新人だから、共通の会話が
うまく見付かるか不安で、少々キョドっていた。
でも、嫁は人見知りしない性格と、まるで人の心を読んでるかのような雰囲気があって
そんな俺のことをかるーく笑い、嫁のリードで会話が始まった。

Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
follow us in feedly

最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
アンケートを設置しました
ご意見・ご感想などお待ちしております!
↓ ↓ ↓
アンケート
逆アクセスランキング