衝撃体験!アンビリバボー

衝撃体験スレをまとめるブログです。

ニュース・vip系

生活系

長文

【1/3】小1の時に出会って付き合ってた幼馴染みに振られた俺の話を聞いてくれwwwww

10fc8d81

1: ローカルルール変更議論中@VIP+[] 2009/06/07(日) 23:57:26.76 ID:MdcuhGRbP
ようやく傷が癒えてきたので誰かに話そうと思ったんだ
2: ローカルルール変更議論中@VIP+[] 2009/06/07(日) 23:59:17.95 ID:MdcuhGRbP
人がいようといまいと勝手に話すさwwwww

3: ローカルルール変更議論中@VIP+[] 2009/06/08(月) 00:02:30.61 ID:b24WiwQRO
俺は聞くよ

4: ローカルルール変更議論中@VIP+[] 2009/06/08(月) 00:04:20.06 ID:HqN3pPqtP
そいつとの出会いは小学生の頃だったんだ。 
親の都合で父親の故郷に引っ越してきた俺。小学一年の頃だ。 
当時の俺にとってそれまで育った地を離れるというのは多少なりともショックだった。好きな娘もいたしな。 
で、何となく気乗りしないまま近くの小学校へ。

6: ローカルルール変更議論中@VIP+[] 2009/06/08(月) 00:08:33.92 ID:HqN3pPqtP
>>3
ありがとう 


三学期のはじめと言うこともあってクラスには何となく入りづらかったんだ。わかるだろ? 
が、当然先生はそんなことも気にせず俺をクラスに放り込んだ。 
で、今も昔も変わらずチキンな俺。かなりどもりまくって自己紹介終了。顔から火を吹くというのを体感したよ。 
そしたら当たり前の用に教室の掃除が始まった。俺は何をしたらいいかわからずに( ゚д゚)ポカーン 
そしたら先生が、 
「とりあえず床を雑巾で吹いてください」 
と指示を出してきたのでその通りにした。

嫁にありがとうって言ってみた。

1: 名も無き被検体774号+ 2013/01/24(木) 00:52:05.84 ID:t5vj4X590
昨日晩酌しながら、ありがとうって言ってみた。 
笑いながら「どしたの?」って言ってたけど本当に感謝しているよ。

2: 名も無き被検体774号+ 2013/01/24(木) 00:54:38.43 ID:t5vj4X590
自分語りになるけど、書いて行きたい。 
彼女がいなきゃ今頃どうなってたんだろう… 
遅筆だけどお願いします。

3: 名も無き被検体774号+ 2013/01/24(木) 00:54:59.27 ID:I1vcu1U40
あらあなた、こんなところでなにしてるの?

4: 本日の利用料 658円2013/01/24(木) 00:54:59.29 ID:h7SJnaaa0
寝るまで見てる

【後編】「生理始まったけどナプキン無くなったから千円貸してください」 隣に住んでる女子中学生にお願いされたんだが… 

社会復帰して、徐々に体も慣らして。体重は一ヶ月くらいで元に戻って完全復活。 
卒論仕上げて出席も単位も足りてたから講義とかにも行かずに就職活動に集中。 
どこで就職するかというのが問題になって。親父とおかんにも一応相談はした。 
「まさか帰ってくるつもりじゃないよな。」その言葉で予定通りアパート近辺に絞って探し始めて。 
今思えば物凄く楽観的で。何とかなるだろうとたかをくくって淡々とやってた感じで。 
それでもそこそこ体格のある男と言うのは介護の現場では重宝がられるからか、 
履歴書と健康診断書提出してそれで落ちるなんて事はなかったし、面接の感触も良かった。 
結果、三施設から内定貰って。老健か病院併設のリハビリ施設かで悩んで。 
人を治す仕事に関わりたい気持ちが強かったので、病院の方を選ばせて貰った。 
学校終わって直接うちに来た彼女に報告したら「えっと、どこですか?」勤務地をまず聞いて。 
住所言って、地図見せたら改めて「おめでとうございます。」言ってくれて。 
喜んでくれてるかと思ったら、突然すっと涙流して。えー!?って感じで、慌てて。 
「ちょっと待って、待って、何で?」「あ、えっと…あは。」ペタ座りして、放心して。 
時々「おーい。」とか声かけても「…あは。」力無く笑うだけで。もう、撫でるしかなくて。 
張りつめてる彼女は結構見てたけど、抜けきった彼女を見るのは始めてで、ちょっと意外な顔で。 
帰らないと言ってはあったけど、まだ不安を感じていて。彼女らしく、表には出さないでいて。 

【前編】「生理始まったけどナプキン無くなったから千円貸してください」 隣に住んでる女子中学生にお願いされたんだが… 

学生の時、アパートの隣に住んでたのが、 
八畳一間に病気で寝たきりに近いお母さんと高齢のお婆さんと、中学生の娘さんという一家。 
とにかくちっちゃくて痩せてて、ちゃんと食べてるのかなって感じの女の子。 
けど明るくて、元気に挨拶とかしてくれて。なんとなく仲良くなった。 
学校終わったら真っ直ぐ帰ってきて、お母さんお婆さんの身の回りのことやってた。 
収入が生活保護しかない状態で、生活はかなり切りつめてる感じだった。 
彼女の家、テレビはあったけど冷暖房の家電は無いし、電話も無かった。 
制服以外の服二着しか持ってなかったし、いつも制服のスカートだった。 
髪もシャンプー使わず石鹸だったみたいだし、自分で切ってた。 
彼女の家の事知ると同情みたいな感情わいてきたけど、なるべく普通に接した。 
だんだん親しくなると土日の休みとか俺の部屋に遊びに来るようになって、 
宿題見たげたり一緒にゲームしたり、そんな時は笑ったりちょっと怒ったり、ホントにフツーの女の子だった。 
けど、ある日バイトから帰ってみるとドアの前で待ってて「○日に絶対返すから千円かしてください」って。 
何か様子が変だったから「どうしたの?」って聞いたら顔真っ赤にして、 
「…生理始まっちゃったけど、ナプキン無くなっちゃったから…あは。」 
聞いたこと物凄い後悔したし自分責めたよ…。

42: 名無しさん@ピンキー 2006/01/15(日) 05:31:26 ID:8cWGKuq80
(´;ω;`) ウゥッ

Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
follow us in feedly

最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
アンケートを設置しました
ご意見・ご感想などお待ちしております!
↓ ↓ ↓
アンケート
逆アクセスランキング