ニュース・vip系

生活系

復讐

イケメンの幼馴染2人と友達くっつけようとしたら嫉妬されて無視されたんだが…

nozokimi_woman

511: 名無しさん@おーぷん 2018/07/11(水)11:50:21 ID:suy
久々に小学校時代の友人に会って思い出した昔話。

私の幼馴染は両隣に住んでいて、同い年の男の子2人。
2人とも顔立ちが整っていて、運動神経も良くて、小学生のころはいろんな人から「ジャ○ーズに入れるんじゃない?」って言われるほどで、それはそれは良くもてていた。
小さい頃は二人から「(私)ちゃんはぼくの!」「いやぼくの!」とされていたらしい。
残念ながら喪女に成長してしまった私にはその後、少女マンガ的展開はなかった。私のモテ期は多分2~3歳で終わってしまった。
実家にはその年頃の私が両側から可愛らしい男の子にほっぺにチュウされて仏頂面している写真が残っている。

小学校5年生くらいのとき、転校生の女の子が2人やってきた。
私はすぐその子達(A,Bとする)と仲良くなった。
しばらくしてAは、私の幼馴染のうちの1人を好きになった。Bも、私が幼稚園から一緒の男の子(こちらも格好いいと評判だった)を好きになった。
私は二人の相談に乗ったり仲を取り持つまねをしてみたりしてた。
Bの好きな相手は家が遠かったからともかく、Aの意中の相手と私は家が隣だから当然帰りも一緒で、片道3kmを遊びながら帰ってたし、帰ってからも一緒に遊んでた。
かっこいい男の子達と仲良くて、しょっちゅう一緒に遊んでる。
それが面白くなかったんだろうね。当時はそれが小さい頃からの当たり前だったから分からなかったけど。

ある日、学校に行ったらABから無視された。前日までは普通にしてて、喧嘩をした覚えもないからわけがわからなかった。
休み時間のたびに話しかけても無視されて、2人でどこかに行ってしまう。
仕方がないからその日の昼休みは図書館で本読んでた。本は好きだから苦にはならなかった。
次の日も無視された。だから昼休みは外で他の同級生達と遊んだ。
外で遊んでる男女のほとんどは、幼稚園から一緒だった子達だからすぐに混ぜてもらえた。
外で遊んだ仲間の中には、AB意中の相手が2人ともいた。
みんなは当然、今まで3人で遊んでたのどうしたのと聞いてくる。
私は素直に「なぜか無視されている」と答えた。
みんなは「けんか?してないの?なのに無視されるの?変なの!じゃあ私らと遊んだらいいよ!」といって笑って、後は毎日のように皆で遊んだ。
意中の相手2人は、「えー。そんなことする奴なの?」ってちょっと幻滅したみたいだった。

そんな感じで、2人に無視されたところで、私はたいしてダメージを食らってなかった。
それどころか、意中の相手と仲のいい私に意地悪した2人の株が下がるだけ。
それに気付いたのか、数日後にBが謝罪してきた。「ごめん。Aにそそのかされて仕方なく」って。
まあ本気にはしなかったけど、当時どちらかといえばBのほうが性格が良く、相性も良いと感じてたのでBとは仲直りした。

でもAは謝ってこない。Bから聞く限りでは私がAに何かしたわけじゃないし、こちらから謝る必要はないと思って、以降はAとは関わろうとしなかった。
もともとAのわがままな性格があまり好きじゃないかも、ってなってたところに無視されたものだから、このまま離れられたらラッキーと思ってた。

続きます

居酒屋の喫煙席で隣りに座った子供連れが「タバコ控えて」と言い出し喫煙者を全否定。飲酒運転で帰って行ったので通報してみたらwww

school_furyou_tsuppari

387: 名無しさん@おーぷん 2018/06/08(金)18:55:31 ID:4WC
昨日同僚とタバコすいながら、
居酒屋で飲んでた、隣にファミリーが座った禁煙席が満杯のため、ちょっと嫌なきがしたのだが、
やはり案の定子供がいるから、
タバコ控えてていわれた
まーしゃないなと思ったが、
その後喫煙者がどうのこうのてわざと私たちに聞こえるように、しつこくいってた。

さすがにこっちもイラついので

先のファミリーが店をでたので、私が追跡酒飲んでた、旦那が運転席に座ったの確認して、から席に戻って、通報してやった。勿論ナンバー、車種など
メモ済み
それから同期と飲みなおして、タクシーで帰宅時の
その車がパトカーに止められてた。

店も運転者には酒出さないと確認してるから
店には迷惑かからないでしょね

高学歴高収入な義弟嫁と、低学歴定収入の私を比べる姑に反論してみたwww

yaruki_moetsuki_businesswoman

394: 名無しさん@おーぷん 2018/06/09(土)19:50:56 ID:fUh
いい嫁キャンペーン頑張ったけど不発だったから終了したら、結果的にクソ嫁キャンペーンが始まってしまってしまった。
義弟嫁が高スペック過ぎたうえに後で長男嫁に来た私が低スペック過ぎたので、がっかりした姑に何から何まで比べられてた。
それでも気に入られようと母の日の贈り物をしたら顔も見ずに「ありがとう」と言われ、後から義弟嫁は母の日の贈り物なんか一度もしたことない(結婚三年目。義弟嫁曰く「だって、私のお母さんじゃないし」)と聞いて、
「あ、これ何やっても無駄なやつや」と思ったのでいい嫁キャンペーン終了。
何度も言われていた義弟嫁が高学歴高収入、私が低学歴低収入について、今までは比べられても素直に相槌打ってたのを反論した。話題が出た途端とにかく反射的に反論した。

姑「だからね、学生時代に努力せず楽な方に逃げると大人になってからこんなに差がつくのよ」
私「でも進学したいのに出来なかった人もいるんじゃないですか。私は違いますけど」
姑「今は奨学金だってあるんだから」
私「奨学金返せなくて自己破産してる人いっぱいいますよ。知らないんですか?」
姑「そういう話じゃなくて」
私「だいたい人生って最初から平等じゃないじゃないですか。生まれた土地、時代、親でも違うし。比べても仕方ないんじゃないですか?」
姑「あのね」
私「自分が大人になってから得てる物を全て自分の努力のおかげだと思うのは傲慢だと思いませんか?」
姑「だから」
私「だいたい他人の人生に優劣つけるなんて傲慢だと思います」
姑「あの」
私「いくら嫁に来たっていっても息子の結婚相手でしかないのに、自分の娘でもないのに、人様の大切に育ててきたお嬢さんの人生に優劣つけるなんて傲慢だと思います」
姑「」
私「だから私はお姑さんは傲慢だと思います!」
その場で「は?」みたいな顔で固まってる姑を置いて帰った。
今日さっきあったこと。

普段私に暴言はいてくるブスがココイチでワンオペしてたので仲間を集めて手間のかかるメニューばかりを頼み絶望に追い込んだ

pose_kage_warau_woman

493: 名無しさん@おーぷん 2018/07/06(金)14:59:00 ID:6bG
つい昨日のことなんだけど、
16時頃に某ココ○チに遅めのランチをしにいったら
昔私にブスだの何だの暴言を吐いたり、うっかり身体が触れたら大げさに「うわー!」とか叫んで拭う素振りを見せたりした奴(ブス)が働いてた。
アイドルタイムなせいか奴一人。
私は素顔がチンギスカンだけど化粧で大化けするタイプだからか全く気づかれないまま席に誘導された。

殊更恨んでたわけじゃないけど顔みたら段々ムカついてきたから
某サークルで知り合った大学生5人ぐらいに「給料日迎えたばかりで景気良いから奢るよ!晩御飯一緒に食べない?ただ…」と、条件つきだけど奢りのお誘い。時間帯が時間帯だからお腹空いてないですって子もいたけど、食欲旺盛な大学生が3人食いついてきてすっ飛んできた。

その奢る条件というのが、「手仕込シリーズ」のカレーを注文すること。
実は私は元バイトなんだけど、ココイチで働いていた人しか知らない情報として「手仕込シリーズは文字通り手仕込みで作っている」というものがある。
具体的に言うと、油に通せば完成する他の揚げ物トッピングと違い、パン粉をその場ではたいて作らなければいけない。
要するに作る側にとっては死ぬほど面倒。

手仕込美味しいから元バイトとして食べてほしいのぉと下手くそな嘘をつき(多分嘘はバレてたけどみんな乗ってくれた)注文。
私「手仕込トンカツ」
ブス「はい、トンカツカレー」
大学生1「手仕込チキンカツってあります?」
ブス「は…限定メニューですがあります」
大学生2「手仕込みのヒレカツカレーで!」
ブス「……はい、ヒレカツカレー」
大学生3「これって何でもトッピング出来るんですか?じゃあ手仕込みのトンカツとチキンカツで!」
ブス「…………かしこまりました、量と辛さは普通でよろしいですか?」
大学生2「だいじょ……あ、やっぱ俺も追加でチキンカツ食いてーな」
ブス「」

食欲旺盛な若者による手仕込みの連鎖。たった一人で回さなければいけない厨房。
これはただの偶然だけど、注文し直後にわらわら入ってきた、話ぶりからして球技大会か何かがあったらしいこれまた食欲旺盛そうな男子高校生軍団。
その瞬間の奴の絶望的な顔は忘れられない。

兄嫁が自分の親にヘドが出るような嫁いびりをされていたんだが…

akachan_cry

403: 名無しさん@おーぷん 2018/06/11(月)14:14:59 ID:565
人からしたら私も同罪。懺悔込みなので長文です。

私は世に言うコトメ。
たぶん兄嫁さんからは、例え実家を出てる存在だとしても十分邪魔な存在だろうと思って、一定の距離を保っていた。
兄の子が生まれたときも抱っこもしてみたかったし、早く会ってみたかったけれど、所詮は旦那側の肉親だと割り切って兄経由で出産祝いと手編みの顔を引っかかない用のミトンを渡したくらい。
月に一回実家に帰ったときに、遠目で眺めて微笑んでいるくらいにしていた。
まあ世のお嫁さんからしたら、これでも十分ウザい存在だったんだろうけれど。

問題はトメである母だった。
母は口を開けば「自分は大トメにこんなことをされたけれど、お父さんは全く助けてくれなくて毎日泣いていた」と言い、今現在はウトである父をサンドバッグのように扱っている。(父の自業自得でもあるから放置している)
それだけ苦労を語っていた母だけれど、同居中の兄嫁さんに対してクソトメ化してきている。
そもそも元からその気はあったし、兄から相談をされたときも「だろうな」っていうのが、感想だった。

最初同居するときも、兄や父には少し釘を刺したけれど全くもって役に立たなかったようで。
当時大学生だった私は「まあ、お互い良い大人なんだから上手くやるだろう。もし嫌になったら別居するだろう。もう自分だけでの兄ではないし、別家庭なのだから放っておこう」と思っていた。

しかし、その何年か後。
兄嫁さんが真冬なのにも関わらずつっかけサンダル、コートもなしで車で30分ほどの距離の私のアパートに突然やってきた。
月に一度くらいは会ってはいたから、痩せたとか顔色が悪いとかの見た目の変化はなかったけれど、見た瞬間に、これはまずいって分かった。
今考えても、なんでかは分からない。「突然だけど遊びに来ちゃったー」と確かに笑っていたはずの兄嫁さんを見て、兄嫁さんのメンタルがおかしくなっているのはすぐ理解できた。

そこからは、ニコニコ笑う兄嫁さんから少しずついろんな事を夜通しで聞いた。
・トメである母が子供を手放さない。
・ジュースとお菓子ばかり与える。
・仕事で帰りが遅くなる時、少しでも早く帰って子供に会いたいのに執拗に「外食をして来い」と言ってきて、帰っても当然ながら夕食が用意されていない。
・子供のために早く帰ることもできないからと仕事を辞めたときに、来客に「家の中に無職がいて、気が休まらない」と言われた。
・子供に食事を食べさせるために、自分の食事を後回しにして世話をしていたら「早く食べさせろ。その後は抱っこしていてやるから」と良いとこ取りで決して手伝ってはくれない。
などなど。
聞いているだけで、自分の親ながらヘドが出るような内容だった。
そこからは、一定の距離を保とうと思っていて実家に干渉しなかった私だけど、一気に覚醒?した。
実家にこまめに顔を出すようにして、母のことをクソババアと呼ぶようにした。

「なんで食事させるの代わってあげないの?育児の良いとこ取りとか、やってることは大トメと一緒じゃん」
「大トメのことクソババアって言ってるけど、やっていることは全くもって同類。二代目クソババア襲名おめでとう!」
「自分は共働きで、子供を大トメに預けるのが嫌だった。お父さんに経済力さえあれば自分で育てたっていう口で、兄嫁さんのことは無職って言うとか……。自分で言ってることもろくに覚えていない鳥頭かな?クルクルパーならぬ、クルクルババアかな?」

と、自分の親に対して酷すぎるかもって思うくらいに言った。
なんか兄嫁さんが泣きながらつらい、死にたい、離婚したいと訴える姿を見て、自分が言わねば!何かに火がついた感じだった。
兄や父は言い過ぎだと私を責めたが、自分の母親がクソトメ化していたことに対して、頭に血が上っていた私は

「今までは別家庭だと思って黙っていたけど、なんで言わないの?『私は良かれと思って』と言い訳してやっていることが、全部大トメと同じことしてるって誰も分からないのかな?兄さんが離婚して、養育費を支払って月一回の面会だけでこれからの人生良いならもう言わないけど?」

と、兄や父にまで感情任せに攻め立てた。
実の娘にボロクソに言われ、ようやく事態の重さに気づいた父と兄にも責められ、日に日に母は小さくなり結局兄夫婦と別居した。

それから私は兄嫁さんと仲良くやっている。
別家庭だからと思い口を出さなかった私を、トメコトメと敵認定していたらしく、あの日突然やってきた時も離婚する前に何か仕返ししてやろうと思ってきたらしい。
しかし別家庭だからと余計な干渉をしなかったという私の言い分を聞いて、それもそうかと兄嫁さん自身が納得し、互いに謝罪しあって終わった。
兄嫁さんの良い嫁キャンペーンも終わり、兄を尻に敷き、母にも負けじと言い返すようになった義姉を見れるようになって本当に良かった。

私がいじめられた途端、無視した元親友と友人の結婚式で再会。男紹介してとか行ってきたんだが…

no_woman

401: 名無しさん@おーぷん 2018/06/11(月)02:01:43 ID:b3v
中坊の頃、イジメにあった。
私立の女子校だったから、イジメは陰湿だった。
当時親友がいたが、彼女は一瞬で傍観者になり、私を無視し始めた。
私はイジメにあうような間抜けだから、しかたのないこと、と
無理やり自分を納得させようとしたが、辛かった。
20年後、この元親友と別の女友達の結婚式で再会した。
彼女は昔から美少女だったけど、30過ぎても凄い美人だった。
私の旦那が、所謂エリートと呼ばれる職業で
新郎新婦は私たち夫婦の紹介で知り合ったと知ると
「私にも旦那さんの友達を紹介して」
と馴れ馴れしく付き纏ってきた。
結婚式後2次会で、旦那と新郎の同業者が元親友に目をつけて
二人は仲良く夜の街に消えていった。
確か、あの男性は既婚者だったなー。
独身のフリしてたなー。
すごいイケメンだけど、まぁ悪い男だって旦那も言ってたなー。
あれから10年、元親友はまだプリンちゃんしてるみたい。
まぁ、サイコパス既婚男性に騙されるような間抜けだもんな、
わざわざ教えてあげる義理もないし、と自分を納得させてるけど
なんか楽しい。

高校時代なぜかずっと威嚇してくるやつがいて胸倉掴まれたので一方的に殴り倒したら…

bakanisuru

414: 名無しさん@おーぷん 2018/06/16(土)03:43:21 ID:a3s
高校生の時の話。
ある時期からずっと威嚇してくるというか、しつこく陰湿な行動してくる同級生がいて
恐らく其奴は俺が仕返しとかしてこない陰キャだと思っていたんだろう。
陰湿な行動何回目かに廊下でただ鉢合わせただけなのに俺に対していきなり胸ぐら掴んで来たから
(いい加減此奴には制裁下さないと舐められてる上、周りにも勘違いされるし迷惑だ)と思ったので殴りかかって、一方的に俺が殴り倒した。
そしたら、その同級生はまさかそんな仕返しをしてくる奴だと思わなかったみたいで、腰を抜かして倒れ込んでこっちを見ながらずっと驚いた顔してた。
それだけでも少しスッキリしたんだけど、その後周りに止められて、先生が来たことで俺、その同級生、先生の3人で話し合い。
何があったのか問われた時に俺は
(どうせこのDQN、馬鹿だから自分が俺に一方的にやられたなんて知られたら恥ずかしいとかいう無駄な恥じらいと見栄はるだろうな)
と思ったから、嘘で先生に「いきなり殴られたので正当防衛で殴り返しました」と言った。(実際は一発も殴られず、俺が一方的に殴っただけ)
そしたら先生がその同級生に「で、どうなんだ?」と質問すると案の定
同級生「はい。そうです。」
って答えてそれが原因で、俺は親含めての現状注意だけで罰は問われず、その同級生は暫く休学になった。
でも、その現場には沢山人がいたから他の人は実際どうだったかを知ってる訳で、結局そいつは学校にいずらくなって退学しましたとさ笑笑。

夏休みにお寺主催のバス旅行に参加したら放置児にターゲットにされて。。。

cry_girl

417: 名無し 2018/06/17(日)20:26:16 ID:b4p
長いです。
子どもの頃、夏休みにお寺主催で子ども向けのバス旅行が催された。確か4泊5日くらいだったはず。
宿泊は一回だけキャンプ場のロッジだけど、あとはお寺。
参加資格は小学校4〜6年生のみ。親がいない宿泊が伴うから低学年は不可。
うちはその宗派のお寺の檀家だったから、当時5年生の私にも声がかかった。
近隣の同宗派のお寺からも参加者が集められていた。
スタート地点のお寺は隣町にあって、旅行には大学生らしいボランティア(男性)と、
いくつかの寺からお坊さん(私服だからわかりにくいけど)が引率してくれることになってた。

1日目、スタート地点のお寺で近所の檀家さんや参加者の家族も集まってのカレーライス作り。
バス旅行に参加する子どもたちだけその寺に泊まり、家族たちは帰宅。次の日からバスに乗る、ってスケジュールだった。
うちの母親も、低学年の妹と弟連れて食後帰宅。お寺には高学年の子どもらだけが残ったはずだった。

そこで残っていたのが低学年のAちゃん。確か2年生だったかな。
その寺の近所の子らしいので私はその日が初対面。長いボサボサの髪で、フリフリだけどヨレヨレのワンピース着てた。
その子だけ、親が迎えに来なかったそう。点呼取ってたボランティアの学生が困ってて、住職と何か話し合っていたが、
Aちゃんはそのまま泊まることに。

お泊まりがあるので私たちは寝袋持参だったが、Aちゃんは手ぶら。
私たちはお寺の本堂でめいめい寝袋ひいて、その日友だちになった子や同じ寺の檀家の子たちとおしゃべりしながら就寝。
Aちゃんはボランティアの学生の寝袋にぴったりくっついて寝ていた。

次の日の朝、バスに私たちが乗ると、Aちゃんも乗ってきた。
学生が点呼取っていたが、当たり前だがAちゃんの名前は呼ばれない。
学生が名前を呼んだ子は全員返事したので、「みんないるね〜」とGOサイン。バス出発。
なんか無性にドキドキしてしまい、次に着いた先(どっかのお寺で何か見学した)の出発時の点呼で、
「Aちゃん呼ばれてません!」と叫んでしまった。慌てる学生とお坊さんたち。
なんか相談したり、お坊さんたちがバスと寺を行き来してたが、しばらくのちに、バスはAちゃん乗っけたまま出発。
携帯電話も一般的ではなかった時代です。

分けます。

「犬なんかに何十万も掛ける後で後悔しないようにねw」 犬の白内障の手術をした際に私家族をバカにした義弟嫁が、姪を助けて欲しいと援助要請してきたんだが…

dog_shetland_sheepdog

421: 名無しさん@おーぷん 2018/06/21(木)22:23:46 ID:i0U
これも復讐になるのかな。

もう3年ぐらい前になるけど、愛犬が白内障の手術をした。
犬の白内障の手術なんてって思う人もいるだろうが、
私たち家族にとっては我が子同然、家族同然で
それでも高額な手術だけに迷ったのは事実だけど
ペット保険にも入ってたから払えない額でもないし
何よりもこの子の目が以前のように見えるようになって
壁や柱にぶつかることがなくなるならって家族全員の気持ちが一致した。
子供たちなんて「小遣い減らしてもいいから!」って言ってね。
だけどその事を聞いた義弟嫁に言われた言葉は
「犬なんかに何十万も掛けるなんて信じられない!物好きもいいとこ!」
「まんまとお犬様商戦に乗せられちゃって馬鹿ねぇw」
「犬好きって世間と感覚ズレてて引くわー」
などなど、かなり馬鹿にされたけどそういう反応も想定内だったから
「誰に迷惑かけてるわけでもないし、誰にだって大切なもののひとつやふたつあるでしょ」
って言ったら
「犬なんかに湯水のようにお金かけて、あとで後悔しないようにね」
なんて言われて、ああこの人には何を言っても無駄だなと思った。
ちなみに旦那も子供たちもその場にいたので、義弟嫁の発言に呆れ
後日旦那が義弟に「嫁の、年上に対する口の利き方ぐらい矯正しとけ」って言ったら
「大きなお世話」って喧嘩になったらしい。

そんなことがあったのに今年に入って義弟からうちに援助して欲しいってさ。
なんでも、娘が夏休みにオーストラリアに短期留学したいと言ってて
その費用を工面してほしいと。
旦那の両親は既に亡くなってて、頼れるのは旦那しかいないから。
夫婦でガンガン稼いでるんでしょ?だったらこれぐらい。
(ちなみに私は在宅でやってます)
犬にそれだけお金掛ける余裕があるなら、血の繋がった姪を助けてやって欲しい。
とまぁ、そんなことを言ってきた。

普段から良い関係を築いていたら考える余地は十分にあった。
だけどあれだけ一方的に言いたい放題で馬鹿にしてきた相手に対して
心臓にどれだけ毛が生えたらそんなお願いごとが出来るのかと呆れた。
あの一件以降、従姉妹同士ですら交流もなくなってるのに、
(姪も同様の発言をしたらしい)
久しぶりに連絡取ってきたと思ったらこれですかw
旦那ははっきりと「親に金がないなら子に諦めさせるしかないだろ。
都合よく身内ヅラすんな」と断った。

翌日、今度は義弟嫁から私にお願いしてきた。
初めて敬語で「お願いします。どうかお義姉さん助けて下さい」だって。
「私は旦那と同じ考えですから」と言って電話を切った。
3年前の義弟嫁の言葉、たまにふいに思い出してはムカムカしていたが
これでようやくスッキリしたわ。

「俺と暮らしておけばよかったと絶対に悔やむ時が来る」 搾取後だった私が強そうな運送屋さん呼んで脱出した話

oowarai_woman

430: 名無しさん@おーぷん 2018/06/22(金)11:12:40 ID:kYA
恥ずかしながら搾取子だった。
家族は曾祖母、祖父母、毒父、私、弟。弟は全員からかわいがられた愛玩子。デブ。
母は早世。

毒父はたまーに日雇いの電気工事をしてたけど基本無職。スロッカス。
世帯収入は主に曾祖母、祖父母の年金。
曽祖父が戦争に行ったとかで軍人恩給?があって何とかカツカツでやっていけてたんだけど
曾祖母が亡くなり、祖父が亡くなって私が高2の冬、にっちもさっちもいかなくなった。
でも毒父は働かない。弟もなんもしない。
「あと1年だから卒業させて、死ぬ気でバイトする」と頼みこんで朝夜のバイトを始めたけど
結局体を壊して夜学に切り替えるしかなかった。
弟は高校生のうちに父の酒を盗み飲むようになって、あっという間に高校中退した。
私も馬鹿だったからズルズル搾取子をやってたけど、ゆっくり覚醒していき27歳で家を出る決心がついた。
少しずつ荷物を運び出して、大きい物だけはどうしようもないから運送屋に頼んだ。
「なるべく若い強そうな男性を」って頼んだらすぐOKしてくれた。←父の暴力抑止のため
荷物全部運び出してハイサヨナラ!って時、毒父が
「俺から離れてお前は絶対に後悔する。俺と暮らしておけばよかったと絶対に悔やむ時が来る」
って言うから「悔やむ時っていつよ」と聞いたら
「堅い蓋を開けるときとか、棚を作る時!」って言われて笑った。
今まで父に「蓋開かな~い、開けて」なんて頼んだことないし、そもそも自力で開けられるし
父が日曜大工したことなんてない。
運送屋さん達がいるから気が大きくなって「バッカじゃないのwww」と盛大に草生やして言って出て来た。
弟はなんも言わず父の後ろで酔ってトローンとしてた。
他人にあんまり言い返してこない人生だったからすごく気持ちよかった。
ささいな復讐ですが。
あとストロングゼロは本当あっと言う間に人をだめにするので1日2本までをお薦めします。

スポンサードリンク
Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
follow us in feedly

最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
アンケートを設置しました
ご意見・ご感想などお待ちしております!
↓ ↓ ↓
アンケート
最新記事
逆アクセスランキング