ニュース・vip系

生活系

2018年05月

matome_20141029205745_5450d639b560a

153: 名無しさん@HOME 2012/02/24(金) 13:41:47.94 O
正月に親戚で集まった時、従兄も妻と娘(3歳、Aちゃんとします)を連れて遊びに来た
従兄はとにかくAちゃんが可愛くてたまらず、何かとちょっかいを出すのだが、その時もAちゃんお気に入りのぬいぐるみを抱いているのを取り上げてしまった
怒るAちゃんよそにそのぬいぐるみを私の姪に渡した(兄の娘で4ヶ月、Bちゃんとします)
今まで親戚最年少で周りから可愛がられていたAちゃんだったが、Bちゃんが産まれその座を奪われたとライバル視している
そのため烈火の如く怒り、うちにあったどこから持って来たか木製のマラカスで従兄を叩きまくった
最初はへらへらしていた従兄だったが、渾身の一撃が股間に直撃
「ぐぎゃ!!」と叫ぶと悶絶。Aちゃんはなおも叩く叩く
「Aちゃん・・パパ、赤ちゃん産めない」
周りに介抱されやっと搾り出した言葉に叔父(従兄父)は
「産婦人科医が何言ってる。男が子供産んでどうする」
と真顔で反論
産婦人科医の先輩にそう言われ何か言いたくて、でも痛みでうめく従兄
私は気の毒になり
「叔父さん、そういうことじゃないと思うよ?」
と言うと
「分かってるよ。からかっただけ」
と叔父はニヤリ
従兄妻はAちゃんお説教、兄は大爆笑

従兄はしばらく痛くて椅子に座れなかったそうだが、最近、痔を患ったらしい
するとAちゃん、パパにやられた仕返しに本の角ををお尻に入れてくるそうな

download

271: おさかなくわえた名無しさん 04/05/16 00:30 ID:2P3FmGbS
一人暮らしと同時に飼い始めたうさぎが8歳でお星様に。
翌日、三人しかいない小さな事務所で無愛想かつ厳しいとっつきにくい上司と
おばさんパートに囲まれて仕事をしていたが不意に涙が出てきて何度もトイレに。
昼休みにお弁当を食べながらパートさんにウサギの話をして慰めてもらったけど
上司は「だったらぬいぐるみでも買え」と一言。
しかもその日は上司に急がなくてもいい書類に残業を命じられ一人事務所でPCに向かってた。
上司もさっさと帰ってしまい遠慮なく涙をこぼしながら仕事をしていたら一通のメールが。
サブジェクトは「いままでありがとう」。
本文は「○○(私)ちゃん/○○ちゃんと会えて/とっても、とっても幸せだったよ。
一緒にいれてほんとうに幸せだった。/ありがとう。/ぜったいにまたいつか会えるよね。
いつも近くにいるよ。/だから元気だしてね。だいすきだよ。」(/は改行)
そして最後にペイントで描いたらしき下手くそなうさぎの絵が。
送り主は上司のノートパソコンのアドレスでした。

次の日からも上司は何も変わらず無愛想で厳しかったけど
そのメールは綺麗な紙にプリントアウトして自宅に飾ってあります。
でも本当、絵が下手ですね、××(上司)さん(笑)

Ck64GDKVEAQZeGn

245: おさかなくわえた名無しさん 04/05/10 21:59 ID:YQdljUAL
大学一年のとき、部活でマネージャーをやってました。
役目の一つとして、協会(その部活のスポーツ試合を取り扱ってる所)
におつかいに行くというものがあったのですが、
これは初めて協会に行った時の話です。

方向オンチの私は、地図を見ても全然見当違いの方向に行ってしまったらしく、
約束の時間は刻一刻と迫って来ていました。
協会に行く前に先輩から
「うちの部とは長い付き合いだから、信頼関係を崩すようなことは絶対にしないで」
と言われていたことを思い出し、遅刻確定の私はもう半泣きでした。
辺りは住宅街、、こんな中に協会なんて絶対なさそうな雰囲気です。
すると、配達のお兄さんがいるのが視界に入りました。
私は汗びっしょり、涙ちょちょ切れ(wで、「すみません・・・『○○協会』ってどこですか?」
と聞くと、
「え・・・全然反対方向だよ・・・?う〜ん、一番近いのはここをこう行って・・・」
と親切に教えてくれました。
それを聞き、「ありがとうございました!!」挨拶もそこそこに私は走り出しました。
反対方向か・・・もう絶対遅刻だ・・・と思いながら走っていると、後ろから足音が。
ふりかえると、息を切らしているさっきのお兄さんでした。
「や、あの後考えたんだけど、やっぱりこっちで曲がったほうが近いかもしれないです・・・」
より近い道順を教えるためにわざわざ走ってきてくれたのでした。
お兄さんだって仕事中だったかもしれないのに・・・。
本当に感動しました。あのときのお兄さんありがとうございました。

img_cbceec270f738fcee6db4fc48d5341d4210584

676: 名無しの心子知らず[] 04/06/04 17:30 ID:860/pbLm
小1ダンスィ。
学校から帰ってきたら、何か変…。
よく見ると、前髪の一部が無くなってた…。
私   「前髪どうしたの!?」
ダンスィ「え?何もしてないよ?」
私   「だってここの髪が無くなってるじゃん…」
ダンスィ「本当に知らないよ~」
私   「お友達にやられたの?」
ダンスィ「本当に知らないよ~。そのうち伸びるから大丈夫だよ~」

ウソをついてる時は、絶対に目を合わせないダンスィ。
結局、真相は解らなかった…。
いじめでない事だけを祈る…。_| ̄|○

1200x0_584501d1-6934-476d-abc3-15fb0a0103be.jpg

362: 躯 ◆jk0cn7Uk1o 04/05/23 19:43 ID:YasGQFUA
オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み〜」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ
家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。
遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。
最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。



4098038i

155: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)20:36:34 ID:b7O
お気に入りだったお店と、
そこで演奏し始めた人たちが神経がわからん

ご飯もスイーツも美味しくて、
景色もすごく良くてお気に入りで、
よく出入りしていたお店に、
気がついたらピアノが入って、
いきなり生演奏。

そういうお店もあるだろうけど、
いきなりなんの告知もなく始まって、
しかも演奏がうるさくて話もできない。

特別営業でそこに紛れてしまったのなら、
自分達にも非があるんだけど、
本当に突然なんの予告もなく始まる。
通常営業なのに生演奏。

しかも演奏してる人たちは録音してるっぽい。

これをお店側がとても良いサービスと言い張るし、
演奏してる人たちも別にうまくも無いし、
自己満足にしか聞こえないんだよね

せめて告知してくれれば日を外せるのに、
告知もないから行った時に当たると本当に憂鬱。
友達との美味しい食べ物と、
おしゃべりを楽しみに行ってるのに、
おしゃべりは楽しめないわ、
急かされる感じはするし、
自分達は聞きにきたわけじゃないから場違い感満載。

ゆっくりその時間を楽しませてほしい!
せめて告知してほしい!!

d0330183_206521

150: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)15:51:23 ID:Bh2
先日、元カレの嫁弁護士を名乗る人物がやってきた
「元カレさんが浮気したので元カレ嫁(以下略奪女)が別れたいと言っている。あなたが元カレさんと婚約破棄に至った経緯を教えて欲しい」だって
婚約破棄に至った経緯も何も
あなたの依頼人が元カレが私と婚約中だと知っておきながら浮気して妊娠。
その上「妊娠したから責任取って自分と結婚しろ!」と式場での打ち合わせ
(よりによってウエディングドレス選んでる最中・両家の母親同席の場)に地雷かましてきたから破棄したんじゃないか…

20150119145658

143: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)10:55:46 ID:ia0
叔母の嫁ぎ先の神経がわからん話。
私の母は既に他界していて、父は健在。
母の妹は子供に恵まれなくて、私をとても可愛がってくれていた。
母が亡くなった後も叔母は色々相談に乗ってくれたり、第二の母のような存在。

叔母は結婚後暫くしてからお姑さんとずっと同居。旦那さんは10年前に病死。
旦那さんは次男で、兄と妹がいる。
旦那さんが亡くなった後も、家の名義はお姑さんと叔母さんの半分ずつだったし(土地はお姑さんのみ)、旦那さんにも頼まれてたから叔母が同居を続けていた。
旦那さんの妹は遠方に嫁いでいたから、なかなか来れなかったけど、長男のお嫁さんはちょこちょこ顔出して世話を手伝ったりしてくれていたみたい。
お姑さんとも関係が悪くなかったから続けてこれたんだけど、去年お姑さんが転んで骨折をして歩けなくなった。
病院を退院後は介護施設に入ったんだけど、その時の責任者の話で揉めた。

gazou_0152

119: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)15:41:50 ID:IXy
バイト先でトイレの清掃をしていると、清掃中の札をかけてるにも関わらず入ってくるおっさんが結構いる。
別にひと声かけてくれれば清掃中断してトイレ空けるのに、面倒なのか何も言わずに入ってきていきなり用を足し始めるのは本当に意味がわからない。
洋式便器と小便器がひとつずつしかない小さいトイレで、小便器は横に申し訳程度のしきりがあるだけでほぼ丸見え状態。
私ががっつり洗面台(小便器の真横にある)を掃除しててもお構い無しに入ってきてふつーに用を足す。
客に気づいたら当たり前だけどすぐトイレを出るようにしているのだが、洗面台に向き合っているとドアを背にすることになるため、気づかないこともある。
一度、音もなくぬるっとトイレに入ってきたおっさんの用を足す音で人がいることに気づいて、気持ち悪くなりながら外に出た。
恥という概念がないのだろうか。

o0500033612004499448

110: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)14:29:07 ID:dGs
人間じゃなくても、神経がわからん時があったな
大昔のことだが、実家に住んでいた頃、祖父母が猫を飼っていた
猫から見ると、家庭内の順位は、自分>祖父母>両親>子供(私と弟)らしく
私と弟の存在はほとんど無視、たまに手を出そう(撫でたりしよう)とすると
ピャッと逃げたり、シャーッと怒ったりしていた
ある日学校から帰ってくると、家族は皆出かけていて、私はおやつを探そうと台所に行った
そうしたら猫が一人で、いや一匹で台所に座っていた
どうせ私が近づいたら逃げるだろうと構わず冷蔵庫を開けたりしていると
猫が妙に甘ったるい声で「にゃあああん?にゃん?」と鳴きながらすり寄ってきた
スポンサードリンク
Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
follow us in feedly

最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
アンケートを設置しました
ご意見・ご感想などお待ちしております!
↓ ↓ ↓
アンケート
最新記事
逆アクセスランキング