train_densya_smartphone
497: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:01:23.63 ID:e7Ilx58M
昨日の電車での話。

夕方の、人もそれなりにいる時間で優先座席には若い子二人と50代のババァ二人が座ってた。どうもそのババァたち、3人で遊びに行ってたらしく一人座れなかったから席に座ってる二人に文句たれてた。
ババァ側に座ってた女の子がそれはもう気まずそうにしてた。






498: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:19:28.02 ID:e7Ilx58M
そしたら妊婦さんが乗ってきて二人組の端っこに座ってた帽子君が席を譲ったんだ。
さっきの子も日傘持ってあげたりして和気あいあいしてた。

すると、座れなかったババァが帽子君に逆ギレ。
「なんで私に譲らないのよ!」
いや、おかしいだろwwwと言おうとしたら帽子君が一言。「なんでですか?」
499: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:25:16.18 ID:e7Ilx58M
「は?」
「いや、だからなんであなたに譲らないといけないんですか?」
「空気読みなさいよ!私だけ座れてないのに後から来た妊婦が座れるのはおかしいでしょ!?」
「どこがおかしいんですか、優先座席ですよ。至って普通だと僕は思ってますけど」
「屁理屈こねてんじゃないわよ!!ふじこふじこ!!」
多分ババァも何言ってるか分かんないんだと思う。連れも困ってた

501: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:33:19.42 ID:e7Ilx58M
そしたらババァ、さっき女の子が親切で持ってた妊婦さんの日傘を奪い取り、折ろうとする。皆、ざわっとしたけど咄嗟で助けに入れずじまいだったが止めないと、と動いた瞬間ババァの悲鳴が。
何事かと思えば帽子君がババァの手首を掴んで傘を奪い返した。
「なにすんのよ!!」
「痛めつけてすみません。でも今なにしようとしたんですか?あなた、本当に恥ずかしくないんですか!?」
504: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:40:42.12 ID:e7Ilx58M
連れの方が周りの白い目に気付いたのか、「いっ行きましょ、ねっ」とババァを連れて別車両に撤退。
乗客から拍手があがりびっくりしている帽子君。謝る妊婦さん。
かっこいー○○ちゃーん!という彼女。帽子君は女の子だった。

とりあえず自分の武勇伝ではないけどスーッとしたので
505: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/08/30(金) 18:44:12.02 ID:e7Ilx58M
ちなみに帽子君が彼女に話してたのを聞いていると手首を掴んだというよりは手首の軟骨あたりを掴んでたらしい。
後で自分でやってみたら地味に痛くてびっくりした。

506: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/30(金) 18:44:39.30 ID:9ytYHeTL
立ってたババアが「私は老人なの!老人には席を譲りなさい!」
って言えばよかったのにねw
推定50代以下では、さすがにそのセリフは口にできなかったのか

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(116)





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

1002: おすすめ記事