hair_biyou_kirei_woman
75: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:15:21.00 ID:iYkP8x160.net
オカルト要素うすいかもだけど。
5年近く前、とある関東の町に仕事の面接に行った。
その日の面接は、圧迫ではないけど、なんかもう最初から「採用する気ないけど、とりあえず面接してあげる」感バリバリで、
聞かれる内容も「結婚してないの?その年でなんでしないの?これから予定はあるの?」とかで志望動機も何も一切無し。
その中でなぜか親戚の話になり、最近祖父が亡くなった事まで話す羽目になって、挙句の果てに「お祖父さんが死んでどんな気持ち?」と聞かれる始末。
正直そんな事まで聞くの?何の意味があるの?って感じ。
面接を終えて外に出て、歩いてるうちに何だか気持ちが昂って泣いてしまった。






76: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:15:47.15 ID:iYkP8x160.net
「お祖父さんが死んでどんな気持ち?」って、何だよ。
悲しいに決まってるだろ馬鹿か!
こちとら祖父には大事にされた記憶しかないんだよ。
そんな人が肺に水が溜まって苦しんでるの見てて、何も感じないわけないだろ!!
という怒りと、
ああ、そういえば亡くなる前こんな風だったなあ、苦しかったろうなあ、という記憶と、
あんなに根掘り葉掘り聞かれても、どうせ採用されないんだろうなあ。
もう落ちるの何社目かなあ。
残り少ない貯金はたいて関東まで出てきてこれかー。(当時は新卒から勤めてた会社をパワハラ&セクハラで退職して、地元を拠点に転職活動中だった)
というネガティブな思考がどんどん湧いてきて、めそめそしながら歩いていた。
リクルートスーツの女が、リクルートバッグ片手にキャリーケースカラカラ引いて泣きながら闊歩。
客観的に見てかなり危ない奴だったと思う。

77: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:16:15.94 ID:iYkP8x160.net
面接会場から駅とは逆方向、あてずっぽうに進んでいくうちに、緑いっぱいの敷地が見えた。広い公園だった。
平日の真昼間、人影もない。
遊具の無い広場には梅の花が咲いていて「さすが、南の方は開花が早いなあ」なんて思いながら、遊歩道を奥へ進んだ。
奥には水場があった。噴水とかじゃなく、小さな泉みたいなの。
真ん中に苔むしたちょっと大きな円柱の石?岩?があって、水はそこから湧いてるみたいだった。
割と都会な町なのに、そこは梢のざわめきとか、水の流れる音が聞こえるくらい。
しばらくそばでしゃがんで、ぼんやり眺めていた。

78: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:16:41.05 ID:iYkP8x160.net
そこに、小さな鳥が一羽飛んできた。
青くて綺麗な鳥だった。
それが囀りながら、苔むした岩の周りをくるくる飛び回ったり、ホバリングしたり。
木漏れ日が差し込んで、苔も鳥も岩も輪郭が金色に光っていた。
ああ、きれいだな、小鳥かわいいよ小鳥。
さっきまでめそめそしていたのに、気が付けば笑っていた。気分が良かった。
泣いてても仕方がない。
お金がないなら、バイトでもなんでもして稼げばいい。
とりあえず、何とかなるべ。
そんな開き直ったような気持ちになった。
なんかありがとうございました。という気持ちでその場を去った。

79: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:17:05.90 ID:iYkP8x160.net
あれから色々あったけども、今は地元の小さな会社の事務員やりながら平和に暮らしてる。
結婚のけの字もみあたらないが、毎日定時退社して、週末はヨガやって映画とか買い物行ったり、それなりに楽しい。
泣きながら会社に行く支度をしなくてもいいし、会社で上司や先輩、同僚から「どうせ体で売上あげてんだろ」とか言われることもない。
休日出勤や終電がなくなるまで仕事させられることも、ましてや勤怠を改ざんされて、残業代0にされることもない。
ほとんど面識のない他支店の人に終電がないから泊めて、とホテル替わりにされることも、
無言で他部署のおっさんが家の前(住所教えてない)に佇むことも、客から「娘(という名の愛人)にならないか」と迫られることもない。
結局面接に行った会社は不採用だった。(紹介者によると、今回の話自体出来レースだったらしいと謝られた)
それを聞いても、ふーんて感じで、不思議と落ち込まなかった。採用されても行く気は無かったのもある。
ちょっとだけ心が強くなったというか、悲しいことがあっても、それと同じくらいいいことを見つけられるようになった気がする。

80: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 13:17:23.83 ID:iYkP8x160.net
例の場所へは、あれから行っていない。これからも行く予定はないと思う。
調べてみたら、あの公園は神社の敷地だった。
鳥は、見た目がこれかな?というのが図鑑に載ってたけど、日本にはいない鳥だった。
悲しい時に偶然綺麗な場所に行きついて、綺麗な鳥を見たってだけの話。
だけどすごく癒されたし、月並みだけど浄化、という言葉がぴったりな体験だった。
綺麗なものには力があるのかな。力があるから綺麗なのかな。
そんな話でした。

81: 本当にあった怖い名無し 2019/06/06(木) 14:06:00.55 ID:OxbnsMYt0.net
鳥はいいよね

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ 136






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

1002: おすすめ記事