friends_girl
189: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 18:22:12.97 ID:XZb54v/T.net
ぐるぐる思い出してとまらないので、この場を借りて吐き出させていただきます。

中・高の間大親友だったS。(当方もSも女性)

大学で互いに恋人が出来てから関係が変わっていき、
年1~2回会うか会わないかの関係になった。そこまではいい。
ただ、Sと恋人が、私の悪口をいっていると感じることが増えた。

たとえば、私があるとき、進路に真剣に悩み、
「今の進路をやめて別の道に進みたい」とSに打ち明けた。
Sはそのときは「へー」と聞いてたが、後から電話で、
「(私)のこと彼氏にいったけど、『どうせまた挫折しそうだね』っていってたよww」
といわれた。
笑いながら言っていて、彼氏の言葉にしてるけど、Sもそう言っているに違いなかった。
今思えば浅はかだったかもしれないけれど、あんまりだ。せめて、自分の言葉で、
「それは逃げだよ」って、真っ向から言ってほしかった。
その後、その進路に向かって学校も変えて勉強していたが、
大親友の言ったその言葉が頭をグルグルと回り、
「私は逃げているだけなのか」などと自問自答しうつになって挫折してしまった。
(もちろん、最終的に挫折してしまったのは私の責任であり、彼女の責任ではない。)






190: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 18:22:43.32 ID:XZb54v/T.net
他にも、SとS彼氏と久しぶりに会ったとき、唐突にSが、
「(私)って高校のとき、Aちゃんのことボロクソに悪口言ってたよねwww
 あんなことやこんなことwwひどすぎwww」
と笑いながら私の過去をぶちまけた。S彼氏も、いつもその話聞いてるーという態度。
私としてはそんなことすっかり忘れていて、
「あーそういうこともあったかも、受験でイライラしてたのかなあ。悪かったなあ」
と流したが、
その後いくら考えても、Aのことをもともと嫌っていたのはSだった。

私がAと仲良くしていたら、SがAの悪口を私に言い、
私もAと距離を置くようになり、つられて私も悪口を言っていた形だ。
流された私も悪いけど、
Sの、「私(S)は全然言ってないけど、(私)は悪口いいまくってヒドイ」
という態度はあんまりだと思った。

191: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 18:25:36.91 ID:XZb54v/T.net
そういうことばかりになり、あるとき「今のこの人と付き合っていても何もいいことないな」と
気づき、FOした。
アドレスを削除し、SNSもブロックした。

彼女も、性格の悪い私と縁が切れて、せいせいしていることと思う。

193: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 20:51:32.03 ID:mu8Ipibz.net
>>189

あなたが知らないだけで、これまでにも影で悪口言ってたと思う。
今は彼に夢中だけど、別れたら都合の悪いことは彼のせいにして、
何もなかったように戻ってきそう。

194: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 21:22:35.11 ID:uCNUY1z1.net
>>189

なんでそんなに読点が多いの?

195: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 21:38:09.61 ID:W5WxSVnp.net
>>194

そんなに気になるほど多いか?

196: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 21:48:59.29 ID:47FsTM5k.net
>>195

自分は多くないと思う

197: 189@\(^o^)/ 2016/05/08(日) 22:06:14.21 ID:XZb54v/T.net
ID変わってるかも知れないけれど
>>189
です。
レスありがとうございます。

>>193

確かに悪気なく悪口を言うひとでした。
そういえば、高校の時に彼女と話していて少し意見が食い違い、話し終えた瞬間に後ろで別の子に向かって私の陰口を言うのが聞こえ、「直接言ってよ!」と泣きながら怒ったこともありました。

一生の友達だと思っていたのでここ2年引きずっていましたが、客観的に見ることができて心が楽になりました。ありがとうございました。

そして、確かに読点多かったです。w
日本語力に難がありますね。勉強します。
擁護して下さった方もありがとうございました。

引用元: ・友達をやめるとき 120






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

1002: おすすめ記事