businessman_cry_man
202: その1 02/03/30 16:45 ID:???
このスレ見ててとんでもないこと思い出しました。

もう7年も前の,最初の会社に就職して1年頃の話なのですが,その頃流行っていた
ツーショットダイヤルで「おともだち」になった女性がいました。年上だったけどそれを感じ
させないようなかわいらしさを持つ人でした。外回りの営業だった関係で,かなり頻
繁に会っていたものです。
知り合った経緯の割には殆ど行為はなかった

しばらくしてから,その人は「生活費が無いから」と私にお金を無心するようになっ
たのです。困っている人を助けずにいられないのが私の性分らしく,新入社員でそん
なに給料がもらえない状態だったのですが,貯金を取り崩したりカードで借りたり,
何とか工面して五千円・一万円…と与えつづけました。






203: その2 02/03/30 16:46 ID:???
そんな時,ある事情のために勤めていた会社を辞めざるを得なくなってしまったので
す。退職金もあまり出ず,次の会社も決まっていない状態で,膨らんでいた借金の支
払をどうしようか悩んでいました。

で,どうしたかというと…,

…「お金の入りが良いかも」と,新宿にある「売り専クラブ(要するに同性愛の男が男
を買いに来るところ")」のバイトに入ったのでした。

面接を受けて入店してから客待ちしている最中,ずっと「罪悪感」「恥」という言葉
が頭の中を回っていました。

「どんなことされるんだろう…」「こわい…」

ただ,時間帯の関係で客は殆ど来ず,私は客を取ることなくその日を終えました。

結局別の手段でお金を工面することができたおかげで,その後店に行くことなく終わり
ましたが(「おともだち」の女性とはその後別れました),たったの数時間でも「男に
体を売る身」だったということを考えると…。しかも,本当に客がついていたら…と思
うと,今でもぞっとします。

おまけに,その店では履歴書代わりに免許証の控え取ってた…,今どうなっていることやら…。

引用元: ・墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第3話






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

1002: おすすめ記事