maigo_girl
562: 名無しさん@おーぷん 16/08/27(土)10:41:38 ID:G8Z
昔、好きだったというか心の支えだった本がある。
半ネグレクトで精神的虐待を受けた女の子が失声症になり、祖父母に預けられ療養して元気になり、成長していくって話だった。
児童書で小学生の頃図書館で読んで、返してまた借りてをずっと繰り返していた。




私はこの女の子みたいに失声症にもなってないし親に手放されてもいないけど、
この子が母親から言われる言葉、突き放し方、兄からされるマウンティング
それらに身に覚えがありすぎて、でも母が絶対だった当時これを苦しい悲しいなんて言うのは私が間違い。
私が悪い子だから。なんてグルグル悩んでた頃だったから
私も辛いって言っていいんだ。って目からウロコで何度読んでも号泣してた。
ただ私にはこの本の女の子みたいに恵まれた祖父母や先生はいなくて
結局女の子の成長ストーリーみたいにはいかない人生だった。
それでも大人になって、自分で親と距離をとったりする選択ができて、そして結婚した。子供も産まれた。
私の子供時代のような想いだけはこの子にさせない。
とあの児童書を買ってちょっと子育てに悩んだ時なんかに読んで初心に戻ろうとして。
そんなときこの本にはもう1冊あることを知った。
話は全く同じなんだけど、母親目線で書かれてる一般書。
母親は母親で苦悩してた。それでも虐待は許されないけどね。って内容になってた。
それを読んだ時子供の頃に私が見てた恐怖政治の母の裏が見えた気がした。
そして息子を叱ってるときの自分が見えた。
虐待がループするなんて嘘!私はこの子を愛してるしあんな思い絶対させない。
そう思ってた自分の間違いに気づいた。
虐待がループするのは子供を嫌いになるからじゃない「愛し方」を知らないから。
自分は親に愛されてた。親は私にああいうことをして来たからそれが愛し方なんだ。って思い込みが出来上がってるから。
ただの吐き捨てだけど、もしもそんな事で悩んでいる人がいたなら
私は違う!なんて意地を張らずちょっと気を抜いて見て欲しい。
配偶者がいるなら一日全てを任せてみてもいい。
自分の親との確執、問題なんてもう解決しなくていい、ほっといていいから
親の愛し方を盲信せず自分の子供の愛し方を見直して欲しい。
きっと抜け出した気になっても虐待ループに足を踏み入れる危険は一生続くから。
その時は子供の目をまっすぐ見てみて欲しい。

563: ↓名無しさん@おーぷん 16/08/27(土)10:57:22 ID:yUV
>>562

「ハッピーバースデー」って本だったよね?
本筋と直接関係ない場面でも
転校先の担任がいじめを助長したり(しかもその後生徒達がいじめを脱した後も適合できずに情緒不安定になる)
母親が祖父からの電話を逆ギレして切ったらその直後に祖父が倒れて最後の電話になってしまったり
自分がそれまで読んでた児童書からしたらハードな場面があって衝撃だった記憶がある
もう1冊あるのは知らなかった。探して読んでみようかな。

564: ↓名無しさん@おーぷん 16/08/27(土)11:34:09 ID:ccJ
今日誕生日なんだけど相変わらず親からはなにもありませんよっと
明日の娘の誕生日の為に何か作らねば……

565: 名無しさん@おーぷん 16/08/27(土)11:39:27 ID:G8Z
>>563

そう。ハッピーバースデー。題名も同じでカバーが水色のものだから検索するとすぐに出てくると思うよ。
なかなかハードだよね。でもそういう物がなかなかないなかでこの本と出会えて本当に良かったと思ってる。

581: 名無しさん@おーぷん 16/08/27(土)17:16:15 ID:G8Z
>>564
おめでとう

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板 31






1001: 以下、おすすめ記事をお送りします