kounenki_woman

547: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 00:15:09.11
命の母を飲ませるようになったら
生理前に暴れるレベルが少し改善した
物を投げなくなった






549: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2011/09/17(土) 01:04:13.92
マジ!?命の母きくんか!
問題はどうやって盛るかだ…

550: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 06:16:52.64
ノロケにしか聞こえない

551: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2011/09/17(土) 06:46:41.80
ヒスで暴れてるのにノロケだと?w

552: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 07:02:53.36
美容にいいらしいよ!しかないだろうな。

554: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 10:13:04.72
こういう台風接近のときがあぶない。
ヒスイッチと気圧は関係がある。

555: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 10:57:39.20
マジで!?
ソースは?

556: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 11:22:14.17
>>555

うちのおばあちゃんの知恵袋

557: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 11:32:28.85
掃除ができなくてイラついてるとか、洗濯物が乾かなくて、乾燥機かけにいかなくちゃとかでイラついてるとかじゃないのか?

558: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 12:51:15.49
低気圧だと、自律神経が不活発になる、という説。
生気象学、という学問の分野がある。

地面の上で活動している、その人間ひとりに空気の重さがどれくらいかかっているか。
16トン。それだけの圧力が常にかかっている。ほぼ真空の宇宙空間に裸で放り出されると
身体が爆発するって聞いたことぐらいあるだろう。人間は空気の深海に住んでいる。

気圧が1ヘクトパスカル上下するだけで、人体は体表面のすべてでその変動を受け止める。
自分からは敏感に知覚出来ないが、身体の方は、全身の皮膚全てで、それを感じている。

圧力の変化は基本的に温度の変化。気温が高くなると空気が軽くなって低気圧。
低温になれば空気は重く、高気圧になります。気圧の変化が体を圧迫するわけ。
健康な人や若者ならびくともしないが、幼児や高齢者、病弱な人にはかなりのダメージ、らしい。





559: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 12:53:26.80
低気圧になると、自律神経の働きが低下する。

原初、人間には、それぞれの時と場合において、体の状態をそれに合ったベストな状態に
保つための、自動調節機能が搭載されている(ホメオスタシス)。それが自律神経。
この神経は、通常は自分の意思ではコントロール不能。だから「自律」神経と呼ばれている。

自律神経は、自動操縦。己の意思でコントロールはできないが、食生活や生活習慣を
原始時代の暮らしに(朝に太陽を浴び、深夜まで蛍光灯の下に暮らしたりせず)近づけ、
体内の神経信号を、カオス状態から、正しく系統立った状態に誘導することは可能。

560: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 13:03:24.27
台風がそろそろ近づいてきたぞ、もうじき来るぞ、という気圧が下り坂に
入っていくときの不思議な高揚感。台風の最中になると、それは消えている。

あれは、いうなれば瞬間的な自律神経失調症状態。
自律神経の働きが不安定になり、バランスを崩して「躁と鬱」の、躁の側の気分が
浮いて出てきたというね。

561: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2011/09/17(土) 13:14:07.80
つまりお祭りの夜は高揚感で
カップルが誕生しやすいと。

引用元: ・【なによ!!】嫁のヒステリー5【もういい!!】






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

おすすめ記事