fax
569: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:12:42.39 ID:cosohe3f
何となく思い出したので書く。
昔あるラジオ番組のファンだった。
そのラジオ番組はリスナー同士の交流が盛んで、
普段からまるでグループの交換日記のようにファックスでラジオの感想や
互いの近況報告なんかをしあっていた。
携帯電話もパソコンもさほど普及してなかったから。
他県から嫁いできて義親と同居だった専業主婦の私には、
そんな変わった付き合いもストレス発散の楽しいものだった。






ところがある日の事。
リスナー仲間も男性から1枚のファックスが届いた。
宛名にはたくさんのリスナー仲間の名前が書いてあり
同文のファックスを一斉に送ったものだと分かった。
その内容を読んで絶句した。

「本日妻が分娩室に入りました。
 ただ今妻は新しい命を生み出そうと頑張っております!
 どうかみなさん、妻を応援してやってください!」

正確な文面は忘れたけど、そのような内容だった。
彼の妻が妊娠中だってことは知っていた。
初めての子だったので、妊娠が分かった時から
妊娠中の健診の結果など、逐一報告があったから。

570: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:13:18.29 ID:cosohe3f
ああ、とうとう出産なのね。
元気な子が産まれるといいな。
ごく普通にそう思った。
“応援”と言うのはよく分からないけど、五体満足な元気な子が生まれればいいなと。
その最初のファックスが届いたのは夕方5時ぐらいだったと思う。

その後、家族と夕食を食べていたとき
再びファックスからマッキー極太で書かれた
遠くからでも読み上げることのできる文面が吐き出された。

「みなさん!分娩室に入って既に2時間が過ぎました!
 妻は必死です!僕も必死です!
 みなさんの応援が妻の心に届きますよう、もっともっと応援お願いします!!」

ジジジジジジ・・・・・・・・・・・・と出てくる用紙に家族の視線が集中。
そして最後に、とても40近いおっさんとは思えない
お花畑なラジオネーム<△△市の○○ちゃんより>。

そんなファックスが翌日生まれるまで2~3時間ごとに続いた。
我が家は義父母ともにラジオが好きな人なので
なんとなく事情は察したようだったが、
夫だけが「なんか気持ち悪い、なんか気持ち悪い」と繰り返していた。

そんなリスナー集会を卒業するキッカケとなった出来事。

571: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:17:39.37 ID:qegiQNYo
今で言えばTwitterやlineで実況してるようなもんだよね
確かにそれは違和感あるわ

573: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:37:55.21 ID:9cV3W1LQ
今みたいに手軽な交流・情報発信ツールがなかった時代に
そういう行動を取ろうという発想も衝撃的だし、
自分や家族にとっての一大事を、赤の他人(多少の交流はあっても)が
そこまで注目したり応援したりしてくれると何の疑問もなく思える思考回路の
両方とも衝撃的だよね
やるほうだってそれなりの労力が必要だし、やられるほうも
FAX用紙を無駄に使われ電話回線を独占され、何より気味悪いし…と負担が大きい

574: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:40:29.67 ID:U2nit1IZ
冷静でなかったんだよ

575: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:47:21.87 ID:KZKqAUyi
FAXの内容の説明を受けたら気持ち悪いって感情から鬱陶しいに変わるな

572: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/17(土) 17:29:23.55 ID:V6e/ir7B
ていうか、妻は実況されてることを知ってるんだろうかw

>「なんか気持ち悪い、なんか気持ち悪い」
に同意www

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 99度目






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

1002: おすすめ記事