family
77: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 23:26:43.58 ID:bh/9z3Mm.net
1/2

両親に関する修羅場
すごく長くなってしまいました。すみません

私小5弟小3妹5歳の一月一日、当時海外に住んでたんだけど、家で両親が大喧嘩
真夜中(1時から3時くらいまで)だったけど兄弟3人号泣で正座してた記憶がある
その月の終わりに帰国、別居
搭乗口ではみんな泣いた。母も泣いてた。父だけは泣いてなかったけど、すごく寂しそうな顔だった
これが第一の修羅場

私中2弟小6妹小2に上がるタイミングで、やっと離婚が成立
が、弟がここでキレる
曰く、「名字変わるなら、中学入学するタイミングって言ってただろうが!」
なんとか納得させたけど、家を出るだの父のところに行くだの色々言ってて大修羅場だった
これが第二

続きます






78: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 23:27:54.33 ID:bh/9z3Mm.net
212

私高2弟中3妹小5に上がるタイミングで、父がくもまっか出血で倒れる
一時ICUにも入るほどで、死んでしまうのではないかと思ったときは気が気じゃなかった
授業中に折り鶴折ってた。意味わからん
なんとか一命を取り留めるも、記憶障害が残る
DVしてたこと、家族や母を傷つけたこと、全部忘れてた
でも、何かいけないことをやってしまったこと、家族を失ったことは覚えてる
朦朧とする意識の中、時々わたし達の名前を出して謝ってると聞いたときは目眩がした
でも、見舞いに行った時、私のことを母の名前で呼び、手でするように(察して下さい)言ってきたことはたぶん一生忘れられないし、誰にも言えない
これが第三の修羅場

この間、私の成人式があった
父は音信不通で、見せられないことはわかっていたけど、ダメ元で母に聞いてみた
なんと、一度連絡があったらしい。工場勤務で細々と働いてるそうだ
……昔は、海外で医師免許とって、小児科医として現地人日本人みんなに慕われてたのにね
連絡ついても、養育費止まってるから、会えるとしたら私だけ
しかも、弟と妹の名前は覚えてないそうだ
さすがにキツかった。でも、生きているならいいかな、と思った
偶然近くに遊びに来ていた父方の親戚(唯一の連絡口)と連絡が付き、振り袖姿を見てもらい、写真も撮ってもらった
付き添ってくれた祖母が泣いてた。私は、同窓会前に化粧を崩すまいと泣かなかった
これが直近の修羅場

それと、母がいつか言った、「妹がもう少し大きかったら、もっと早く離婚してた」って言葉が、進行形で修羅場
実は、私が年中くらいの時に、「もう一人下が欲しい」って言ったことがある
私がそんなこと言わなかったら、妹を仕込んだりしなかったんじゃないか
私のせいで、母が長く苦しんでたんじゃないか
ってずっと考えてる
ごめんね、お母さん

成人式迎えて一段落ついたのでカキコ

81: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 00:14:50.45 ID:UJuOyIQf.net
>>77
>>78


ひとつ言っとくが、たいていの親は3人も子供抱えるのは大変な事
それでも産もうと思うのは金銭面や面倒見等の問題でそれなりに決断がいる
故に3人目を産もうと思うには色々な条件や覚悟が要る
まあ産んでしまえばそれなりの幸せが手に入る…筈なんだが
ともかくそんなこんなで産むには結構なレベルの決断が要る

何が言いたいかっつーと、
子供の一人が「弟欲しい」「妹欲しい」とか言ったところで「へえへえじゃあ産みまっか」と産む様な簡単な物でない
生活がきつかったり家が狭い等、もう一人を迎える程の余裕がないならどれ程子供がぴゃーぴゃー言おうが産まない
玩具をどんだけねだっても買ってもらえない子も居るだろう
しかし子供をもう一人産んで育てるのは玩具を買い与える事の何千何万倍も手間隙がかかる

故に母親が長く苦しんだのはお前のせいではない
てか、どういった問題かは詳しくわからんが母親を一番苦しめたのは父親だろうて
しっかりしろ

因みに男は定期的に出さないと一部の内臓(っても表にあるけど)がえらい事になる
敏感な年頃にあんな事言われて衝撃だろうけど、女でも理解出来る時はきっと来るから
今は変な夢でも見た気分で忘れといてやってくれ
多分父親にとっても恥ずかしい事だと思うぞ

82: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 00:16:01.77 ID:UJuOyIQf.net
あれ?
ひとつ言っとくとか言いつつふたつ言ってた
すまん

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ 20






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

おすすめ記事