world_children

730: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 15:42:28
犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。

彼らは滑り台で遊んでたんだが、滑り台の所に車椅子が一台停まってる。
見ると、足元がおぼつかない子を二人で肩を支えて滑り台の上まで上げ、
滑ってきた子を下で待機してた子達がまた支えて上まで……
というのをキャッキャ笑いながら繰り返していた。

暫くしたら、オバチャンが一人来て「おーい、行くよ~」と声をかけた。
すると彼らは「はーい!」と返事して、支えてた子を車椅子に座らせ、
我先にと車椅子を押してオバチャンの所へ。
オバチャン「みんないつもありがとうね~」
男子1「今からびょーいん?」
オバチャン「そうよ~」
男子2「そうかあ。また明日な!」
車椅子の子「うん!ありがとう!また明日ね!」

「またなー!」とか「ありがとー!」とか言い合いながら手を振って別れる笑顔が素敵過ぎて、
不覚にも泣きそうになった。
「ありがとう」って本当にいい言葉だ。






731: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 16:21:19
( ;∀;)イイハナシダナー

732: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 18:13:57
>>730

いいなあ、素敵だなあ…

733: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 18:24:21
>>730

これぞ純粋な友情だな…
彼らにとっては身体的差異なんてちっぽけどころか関係ないんだ

734: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 18:53:52
>>730

愛は地球を救うってこういうことなんだな
まっすぐな子供たちがまぶしいぜ

735: スペースNo.な-74[sage] 2010/04/26(月) 19:08:57
>>730

泣ける
どうかこの子たちが荒波に負けず強く育ってほしいと思う

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第56章






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

おすすめ記事