1703168_02

388: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 11:50:58 ID:PnL1t+CW
俺が学生時代にコンビニでアルバイトをしていた時の話。 
いつも二人ペアでアルバイトをしていたのだが、 
その日の相方は1歳年下の女子大生だった。それなりに 
仲は良かったが恋愛感情を抱くほどではなかった。 
午後7時過ぎ店の電話が鳴った。俺が出た。電話の相手は 
DQN客で「おめーのとこのさっき買い物をしたんだが、 
アイスのスプーンが入ってねぇ!!どういうことだゴルァ!」 
と激しくキレていた。俺はただただ平謝り。 
DQN客「俺を何様だと思ってるんだ!ゴルァ!俺んちに今すぐ 
スプーン持って来いや!」 
俺「はい、わかりました。では住所を教えて 
いただけますか?」 
そうやってDQN客の住所を聞き出した。そぐに相方にDQN客から 
クレームをあったことを告げた。 
すると相方は「ゴメン、入れ忘れたの私です。」 
レジカウンターの上にあった入れ忘れたスプーンを指差した。 
こういうクレームは結構ある。俺は動揺を隠せないまま、 
クレーム対応はいつもオーナーかその奥さんに任せる事に 
なっていたのでオーナーの携帯に電話をした。しかし出ない。 
俺はヤバイと思い、次にオーナーの奥さんに電話した。 
しかし奥さんも出ない。何度か電話したが出ない。 
俺はますます焦った。







389: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 11:51:57 ID:RKoKTPtg
そして数分後。またDQN客から電話があって今度は相方が出た。
どうやらDQN客は今までに増してキレて、早く持って来いと
要求してきた。相当激しい口調らしく、相方もかなり動揺し、
今にも泣き出しそうな表情をしていた。しかし、オーナーとは
連絡が取れない。もうこれは俺がどうにかするしかないと
思い、俺「よし、俺が行ってくる!俺が行ってきっちり
謝って来るから、○×さん(相方)は店に残って待ってて。
何かあったら俺の携帯にすぐに電話して!」と言った。
相方はかなり動揺しているのか、うつむきながら「本当に
ゴメン。」と小さく呟いた。俺は店にあった住宅地図を広げ
DQN客の家を調べた。自分の地元ではなかったから全然わからなかった。
どうにか見つかり、スプーン3本と店で販売していた和菓子の
詰め合わせと携帯を握り締め、相方に「すぐに戻ってくるから
待ってて!」言い、バイクに飛び乗った。近くまで来たが時間は
8時くらいで暗くてわからない。適当な場所にバイクを停めて
地図を確認しながら探し回った。どうにか見つかった。
その家の車庫には見事なまでのフルスモ&車高短のDQNカー
があった。

390: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 11:52:28 ID:RKoKTPtg
家のチャイムを鳴らすと作業着を着た30前後の男が出てきた。
そして「おめーおせーーよ!何やってんだよ。」などと激しく
小一時間説教を受けた。俺はただ謝るだけ。おわびの品の和菓子を差し出すと
DQN客は「おっこれもらっていいの?もういいや。お前帰れよ。」
と言いドアを閉めた。俺はかなりボロボロになりながらも店に戻った。
すぐに相方に「心配しなくてもいいよ。どうにか届けて謝って
きたから。」と伝えた。相方は「本当にゴメン。悪いのは私なのに。」
と俺に涙目になりながら言った。相方は一本の電話で相当のDQNに責められたらしく
かなりシヨックを受けたいた。その後数日間アルバイトを休んだ。俺は気に
なって相方に電話をした。相方はやはり今までにないショックでアルバイトを
休んでいたらしい。俺は「もう終わったことだし気にしなくていいからな。」
とだけ言った。それから次からは相方もアルバイトに来るようになった。
そして、俺と相方は来月結婚します!

392: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 11:57:07 ID:dSmMFtIy
彼女の怒られ役を替わってやった。
その彼女と来月結婚します!


はい2行で終わり。

393: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 12:00:51 ID:Truns+ne
>>388

かっこよすぎるぞコノヤロー( ´∀`)σ)∀`)

そして結婚をめ!

394: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 12:03:10 ID:9ZjFLSwh
そして涙目で言われるわけだ。
「籍入れ忘れた…」と。

396: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/11(水) 12:06:42 ID:NSJosLvM
さらっとまとめた392がカコイイw

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(39)






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

おすすめ記事