m

235: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 17:04:20 ID:ZR5Ou7qe
武勇伝というわけではないが胸がスーとした話。

先日、仲間と飲んでいた時に仲間の一人が少しふら付いて
近くでくだ巻いていたどこかのおっさんに接触した。
ほんのかすった程度だがそのおっさん、とんでもなく絡んできた。
当人はしっかり謝っているんだが全く許してくれそうもない。
そのときうちのグループの一番の年長者Sさん(別の仲間の連れで
俺とはその時が初対面)が、「私の連れが大変失礼しました。
私からもお詫びしますのでご勘弁願えませんか。」と謝ると
今度はそのSさんに絡み始め仕舞には、頭を下げたSさんのその上に
コップの水をかけてしまった。
さすがに切れかけそのおっさんに攻め寄ろうとする我々を制して
Sさんがそのおっさんに一言。「これでご勘弁願えますね。」と。
店員も間に入ってきたのでその場は一応収まったのだが
これにはまだ続きがある。






237: 235 2006/12/12(火) 17:20:40 ID:ZR5Ou7qe

おっさんが帰ったあとも我々はしばらく飲んでいたのだが
店を出てみんなで少し歩いていると道路に誰か倒れている。
見ると先ほどのおっさんだ。
「おいおい、あぶね〜な。でも、こんなおっさん放っとこうぜ。ざまぁみろ。」などと
口々に言っていると、Sさんが黙って一人でそのおっさんを抱えて道路の脇に寄せた。

我々は「Sさん、そんな奴放っておきましょうよ。いい気味ですよ。」と言ったのだが
Sさんは「あぁ、だけどこんなおっさんでも家に帰ればいい旦那でありいい父親
なんだろうし、何かあって家族の悲しむ姿を想像しちゃったら放っておくわけにも
いかんだろ。」「俺、ここについているから君達先に帰っていいよ。その時にこの先の
交番にいる警官にこの事伝えてもらえるかな。」と言っておっさんの脇に座り込んだ。
ここまで言われればさすがに「はい、そうですか」、という事はできないので二人で
警官を呼びにいき残りはSさんと一緒に残ることになった。

おっさんは無事警官に保護されていきました。
考えれば当然の行為なのですが、なんとなくSさんの人間の大きさを知った夜です。

238: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 17:24:49 ID:p0HvyqEk
Sさんカコエエ。
まるで映画の中の健さんみたいな人だ…。

242: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 18:04:26 ID:yLBAc6U4
俺、佐藤ってんだけど、Sさんじゃないからね。
いちおう勘違いされないように言っとく・・・

243: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 18:09:21 ID:0AEVJwET
勘違いしてた、もっと早く言ってくれよ!

244: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 19:10:40 ID:XLEWBdLy
>>242

だ、騙したな……!俺の純潔を返せ!

245: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/12(火) 20:54:34 ID:OvoumKIj
>>244

ちょっと!この前「俺の純潔をお前にやるよ」って言ってたじゃないっ!
あんたの純潔って一体何個あるのよっ!

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(43)






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします

おすすめ記事