2072

362: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 14:41:14.89 O
流れぶった切り投下

子供の頃の修羅場を2つ
私が小3の時の夏アメリカの従姉妹が日本に遊びに来ていた。
私の家は商店街で毎年お祭りが行われるので、従姉妹と2人見に行っていた。

家のすぐ目の前だし近所の人達もいるし親も危機感は特になかったんだと思う。
私達が歩いていると、後ろから手を引かれ繋がれた。
お父さんかな?と見ると見たこともないおじさんだった。

離してと言っても離してくれず、手を力強く握り夕焼けこやけの歌を歌いながら私と従姉妹を連れて行こうとした






363: 2 2012/02/26(日) 14:42:45.40 O
私は暴れ捲くって何とか振りほどいたが、従姉妹は訳が分からないらしくニコニコとしておじさんと歌を口ずさみ歩いて行ってしまう。

親に知らせなきゃと家に走ったが、家の中いる親に知らせるんじゃ間に合わないかもしれないと思い、たまたま外に出ていた隣のうちのおばさんに助けを求めた。

「従姉妹が変なおじさんにさらわれちゃう」
と泣きながら言ったら、おばさんは急いで従姉妹を探し

「あたしの家の子に何してんだい!」
と強く言って従姉妹を引っ張り連れ戻してくれた。

そのおじさんは慌てて逃げて行ったが従姉妹は相変わらず何も分かっていないみたいだった。

家に帰り親に全て話し、従姉妹の親も英語で従姉妹に説明したらようやく状況が掴めたらしく怯えて泣いていた。
どうやら日本の祭の催し物だと思っていたらしい

従姉妹が金髪で目立ったからすぐ見つけられたけど、もし日本の子で人に紛れてしまっていたら、隣のおばさんがあの時居てくれなかったらと思うと今でもゾッとします。

携帯からと文才がないため読みにくかったらすみません。

これが子供の頃の修羅場1でした

2はまとめてから投下します

366: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 14:56:36.60 0
子どもだったのに頑張ったね。362の機転がなかったら、彼女は無事ではすまなかったかもしれない。
すぐそこの大人に助けを求めればよいものを、
動転して家まで帰っちゃって結局大惨事…なんてことはよくあるからね。

367: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 15:04:02.89 0
おばさんの機転にも拍手 連れて行かれたら良くて暴行悪くて…だもんな

368: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 15:04:44.77 0
隣のおばちゃんGJ

369: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 15:14:51.64 O
子供の頃の修羅場2つめ。
私が小5の時近所のジャ○コに友達と2人で日曜日に出かけた。
ど田舎のジャ○コのため、日曜日なのに朝という事もあってかお客さんはまばらだった。
私と友達は本屋さんに向かった。
その本屋さんにはレジがなく、買う場合は近くのおもちゃコーナーのレジでお会計という造りだった。
お店の人もいないし、本屋の客は私達2人でどの雑誌を買うか立ち読みしてゆっくり選んでいた。
するといきなりドンッという衝撃と共に本屋の奥え突き飛ばされ、私は倒れ込んでしまった。

370: 2 2012/02/26(日) 15:16:52.49 O
すると見知らぬおじさんが私を押さえ付けてスカートを脱がそうとしてきた。
「やらせて、やらせて」と呟くおじさんに物凄い気持ち悪さを感じ、周りを見て友達を探したがいない
大声を出そうにも震えて声が出なかった。私は暴れて暴れて、たまたま私の蹴りがおじさんの股間にヒットしておじさんがうずくまったので私は必死に逃げた。
友達を探すと、トイレに行っていて無事だったので安心した。
お店の人に事情を話したら家まで送ってくれたけれど、しばらくは自分の父でさえ怖かったです。
今も中年の方は少し苦手です。
以上子供の頃の修羅場でした
改行少なくしましたが、文を投下するのが不慣れなのでまだ読みにくいかもですがご勘弁を。
1つめの修羅場で私とおばさんを褒めてくれた方々ありがとうございました。

372: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 15:24:04.17 0
362&369は変態オヤジの
理想の少女だったんだな。
かわいいのも苦労するな・・・。

373: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 15:59:01.69 O
>>366
いつも両親が何かあったら誰でもいいから周りの人達に声をかける事と教えてくれていたから出来たんだと思います。
両親に感謝です。
では、これで消えます。ありがとうございました

引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £33






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月25日 09:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事