gazou_0388

547: 名無しさん@おーぷん 2018/04/04(水)16:53:20 ID:rRr
親の引っ越しの手伝いで久々に高松に帰った
引っ越し自体はほぼ業者の力を借りたので素早く終わって、帰省ついでに地元の友達と会って軽く食事をした
当時の同級生や先輩後輩の近況を色々と聞かせてもらった中で、小学校が一緒だった一つ年上の女の子が旦那さんからDVを受けているという話を聞いた
暴力というよりは精神的な感じのもの
一瞬だけ義憤に駈られて知識面(弁護士とか)や金銭面(当座の生活費とか宿の提供とか)での援助をしようと思ったけど、やめた





小学生の頃、当時所属していたクラブ活動では「最後まで教室にいた子が残って清掃をする」というルールがあった
ある日、明らかに知的障害と思われる上級生(女子に粘着することで有名だった)に羽交い締めにされて教室から出られず結局居残りで掃除させられたことがある
その際にその子がこっちをチラッと見て何事もなかったかのように出ていった記憶がふと甦った
しょうもないことではあるけど、なんで助けてくれなかった子をこっちが時間や身銭を切って助けなきゃいけないんだろうって思ってなんだかどうでもよくなった

祖父母ももういないし親も県外に出たから二度と帰ることはないだろう
さらば地元

556: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)05:04:38 ID:Fji
>>547

まあそういう旦那を好きで選んだのは女性本人だし、助けたらむしろ余計なお世話と恨まれるかもしれないからあなたの判断は正解かと

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板59






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月04日 19:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事