shutterstock_384407782

690: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 02:09:33 ID:gttFPLIUO
昔、父と一緒によく行ったあんみつ屋。
あんみつ屋のおばさんはキレイで優しかった。
父は私以外(母姉)は絶対に、その店へは連れて行かなかった。
多分、母姉は店の存在すら知らない。
数年前に父が亡くなった時に、誰にも分からないように
あんみつ屋のおばさんと父の亡きがらを対面させた。
泣きながら何度もありがとうと言っていたな
最近、彼女が亡くなったと風の便りに聞き、
永代供養されている寺院を訪ねた数日後に弁護士から連絡があり、
あんみつ屋やら私財を処分して残った幾許かの遺産を頂いた。
父の遺産は実母と姉が山分け。
実母とは不仲で姉とも疎遠な自分にとっては天の恵み。
弁護士さんが、ご希望でしたら事次第を全てお話する用意もあります、
て云うけど何も聞かなかった。
これに全てを記してあります、と封書をもらったけど、
この封書こそ、開けずに墓場まで持っていこうと決めた。






691: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 02:20:19 ID:LZhZQwqW0
>>690

自分だったらきっと、知りたくなっちゃうだろうな・・。
封書もその場で目を通しちゃうw
向田邦子さんの一話にありそうな話で
ちょっとジーンときた。

692: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 02:21:14 ID:P0SLO3Lp0
あんみつ屋のおばさんとお父さんが関係があったのは薄々わかるけど、
実は
>>690
の本当のお母さんも、あんみつ屋のおばさんだったというオチまであり?

693: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 02:54:13 ID:PAOgGlqB0
サラッと書いてあるので、よけいに味わい深いや。
遺産の事など、本当はいろいろあったろうに。

696: 可愛い奥様[] 2010/04/09(金) 04:12:31 ID:QeSf+Lk/O
あんみつ屋ってとこがまたいいねぇ。

697: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 04:44:42 ID:4/pYVamKO
本当に純文学のような話だ
亡くなったお父さんとコッソリ対面させてやったというのがまた泣ける
あえて封筒を開けないところもいい。
>>690
は小股の切れ上がった良い女なのでしょうな。

698: オッサン[sage] 2010/04/09(金) 05:23:06 ID:rz2FqEzeQ
690はドラマ化決定でしょ
あんみつ屋は石田ゆりこでお願いします。

とは言うものの
あんみつ屋が本当の母親だとして、なぜに育ての母は引き取って育てたのか?
子供がいないならまだしも姉がいるし。

702: 可愛い奥様[sage] 2010/04/09(金) 08:36:21 ID:qgzQjZQr0
690はあんみつ屋と父のただならぬ関係に
うすうす感づいてたってことだよね?
いつどうやってそれに気付いたんだろう。
父が690だけをそこへ連れて行ってたのは何故だろう。
余韻の残る話だなあ。
ほんとに昭和の文学作品を読んだような気分w

引用元: ・奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の7】






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年03月07日 21:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事