ss108

765: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)22:59:16 ID:EQN
昔バイトしてた所であった事 
その会社は異なる部署が同フロアにある形で、各部署に雑務をするバイトが配属されていた。
他フロアのバイトの共同作業もあり、交流がある所だった。
そこにキチ山という女バイトがいた。
キチ山の第一印象は一言で言うと異様。ドムのような体型にどんよりした目つき、それでいて妙に馴れ馴れしい。
しつこく他人の事を詮索するくせ否定厨、バイトなのにキャリアウーマンアピールそのくせサボる等々行動もウザい。
そしてキチ山の部署にはもう一人Bくんというバイトがいた。 少しオタっぽい感じで先輩であるキチ山に黙ってくっ付いてる印象だった。
そんな彼らの部署にAさんという若い女の子が入ってきた。
見た感じ大人しめの真面目そうな子で隣でキチ山が「アタシが教えてやってるの!」と言わんばかりの態度でウザさ倍増だった。
そんな感じで2か月ほどして、キチ山がAさんを虐めているという噂が流れてきた。
皆でいる時もAさんをあからさまに無視し無駄にB君に話を振ったり、見て明らかだった。他にも色々してたらしい。
あとでAさん本人から聞いたが、どうやらキチ山がBくんの陰口を言うのをAさんが諌めたところ
「上司である自分に逆らった!AはBとイチャついてる!職場の空気を乱している!」とキチ妄想を起こしたらしい。
先輩ならともかく上司ってなんやねんと思ったし、あとイチャついてる云々言ってたが
Aさんが入ってすぐキチ山は2人をくっつけようとしたとかで意味不明。
何より呆れたのはBくんにはすぐ上記のことを問い詰めたくせにAさんには何もなくいきなり無視するという陰険さだった。
Bくんはその時(イチャイチャ云々について)謝ってしまったらしい。なんでや。
なのでBくんは無視されずに済み、自分が一因なのにキチ山に対し面と向かってはAさんを庇わなかったという。
まぁキチ山は得体の知れないというか何するか予測つかない怖さがあって、同フロアのバイトさんの目撃情報ではもっと凄かったし、
周りもAさんに話を振るとか飲みに誘うとか、キチ山が変な動きをしないよう社員に根回しするとかのフォローしかできなかった。

Aさんは顔色が悪くもなんとか気丈に振舞っていたがキチ山の方が痺れを切らした。
キチ山がAさんに辞めろと脅してくる事件勃発。
AさんはBくんから嫌がらせのきっかけを聞いてはいたものの、一応事実確認をしようとしたらしいが、
「自覚がないのか!無視は辞めろという意思表示だ!空気読んでやめろ!上司命令だ!
お前の後釜に私の知り合いを紹介してちゃんとした3人組を作り直す!」と何度もまくし立てて最後まで答えなかったそうだ。
ちなみに脅しというのは「辞めないとお前がした事を人事に言うぞ」と言ってきたこと。
だからそれは何なのか確認させろというのに言わない。
Aさんは既に人事に相談していたのでどうぞどうぞ状態だったらしいがキチ山はわかっているのかAさんの自主退職にもっていきたいらしく堂々めぐりで長かったと聞いた。
Aさんはその会話の録音と退職命令メールを上司に提出した。
その結果…Aさんが異動になった。







766: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)22:59:59 ID:EQN
なぜAさんが、と思うが、キチ山を異動させようにもどこもキチ山を欲しがらず(うちも話を持ちかけられたが勿論断った)Aさんなら喜んでということでこの形になった。
人手不足だったのでクビとまではいかなかったと人事は言い訳していた。いない方がなんぼかマシだと思ったが。

その後Aさんはたまに目にするキチ山に怯えつつも周りのフォローと、キチ山のポーズだけの仕事でなくちゃんとした仕事ができて顔色も良くなっていった。
一方キチ山はAさんに当てつけようとしてかBくんを懐柔しようと必死になり、家に呼ぼうとしたりセクハラ発言したり色々やりだした。
Aさんが悩んでいた時は「グダグダ言うべきじゃないよ。社会人()なんだから。」と返したりしてたくせに自分が標的になるとAさんに愚痴り出すB君に
Aさんは内心呆れつつもアドバイスをしてあげてたそうだ。
けれど「僕はAさんみたいに若い女の子じゃないし上手に甘えられないんだ…」とボソボソ言うばかり。
「よく大好きな『働きマン』のセリフを言ってたからあれも引用だったんじゃないですかね」とAさん。
身を守るために人事に相談したり社員に根回ししてたことを甘えと言われて相当怒っていた。

で、ここからやっと自分の目撃した修羅場
仕事が終わって会社のロビーに座って携帯いじってたらいきなり怒鳴り声が。
びっくりして顔を上げたらキチ山がBくんにマシンガンのようにまくし立てていた。

よく聞けばなんか自分は大事な仕事を任されていて暇じゃないみたいなことを何度も言ってるっぽく早口で話の切れ目がない。
Bくんは立ち尽くしていたというか話が終わるのを待っていたというか…
警備員にやめろと言われて渋々通路に引っ込んで再開。そこがまた余計に音が響いてえらいことに。
エレベーターで降りてきた他のバイトさん達や社員さん達も足を止めていたしロビー中が異様だった。
そこにAさん達がが降りてきて、Aさんからはキチ山が見えず声も普段のキチ山と違うのに
サッと顔が青ざめて「あ…あれキチ山さんです…」と言った。
声だけでわかるってことはあれをやられたのかよこの子は!と私達戦慄。マシンガントークとは聞いてたけどまさかここまでとは思わなかったので…
他部署の男の子バイトが勇気出して止めに入ったが止まらず、誰かが呼んだ人事部長によって2人は別室に連行されていった。
再び訪れる静寂、「怖かったですねえ」と言う警備員 まじ仕事しろ。「こんな人目のあるところでもあれをやるとは思わなかった」と真っ青なAさん。

翌日聞いた話では、キチ山が社員の人遣いの荒さを愚痴ったのをBくんが窘めたので「上司であるアテクシに逆ry)」ということだったorz
Aさん曰くあれで人遣いが荒いならあの部署やることなくなりますよと。
社員さん達による以前からの仕事中のサボり行為や奇行の証言もあってここでやっとキチ山を辞めさせる動きになった。皆おせーよと言っていた。
クビ宣告されたキチ山は烈火のごとく激怒、お得意のトンデモ理論で自分を辞めさせる権利はないとか
AとBが自分を陥れようとしてるとか訴えるとか周りを巻き込んで長いこと派手に足掻いていたらしいが通用せず結局去っていった。
人事部長は思い出したくないとぼやいてたという。
自分もその後すぐに辞めたがその数ヶ月後にキチ山が警備の目を盗んでフロアに入り込んで社員もバイトも恐怖したと聞いた。
お別れの挨拶してなくて心配かけたからぁ~とバイトだけにお菓子を配りに来たんだと。Aさんの分はなかったらしい。おわり

おそらく今年あたりAさんが当時のキチ山と同じ歳になるかなぁとふと思い出し懐かしくなったので。

767: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)23:07:29 ID:ovw
長いのに難なく読んじゃった
読んでてざわざわしたわ

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その14】





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年10月21日 06:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事