354: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:22:48 ID:mGI
週末にあった私のプチ修羅場。
大したことないけど、長い。
夕方洗濯物を取り込もうとベランダに出た。
猫が開けるので、15cm程サッシが開いていた。
そろそろ暖かくなってきたし、虫が入るからやだなー、なんて思いながら洗濯物をかごに入れていたら。
ふと何か黒いものが視界に入った。
その黒いものは、部屋の中のカーテンに張り付いている。
場所は、開いていたサッシの真横位のところ。五センチ位の丸い黒いもの。
近くで見て、思わず「ひぃぃぃっ!」って声が出たw





蝙蝠だった。
そいつはレースのカーテンに逆さまにしがみついて丸くなってた。
その部屋は子供部屋で、小学校低学年の兄妹が寝る部屋。
日は暮れかけて、まさに蝙蝠の活動時間が近付いて来てる。
どうしよう。今にもこいつが起きて飛び始めたらどうしよう!
軽くパニックになったけど、とにかく家の中からは出さなくては!と思い、
そいつが張り付いてるカーテンをそおっと外に出してサッシを閉めた。
第一段階クリア。どうにか家の中からは出せた。
でも、これどうしよう。
触るのはいやだし、何かでつついて飛んで来たらぞっとする。
でもこのままカーテンをサッシに挟んだままにする訳にもいかない。

355: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:48:02 ID:mGI
そこへ子供たちがお手伝いをしにやってきた。
「いや、今開けないで!蝙蝠がいるの!」
見たがる子供たちを反対側のサッシからベランダに出してどうしようか相談。
暗くなる前にどうにかしようってことになり、息子がベランダにあった木の棒をくれた。
取り敢えず、カーテンから猫のお昼寝用マットに移動させることにした。
そおっと棒を蝙蝠に押し付ける。でも動かない。仕方ないのでもう少し強く押してみる。
棒を通してむにゅって蝙蝠の柔らかさが伝わってきた。ひぃぃぃってなった。
そしたら、蝙蝠が鳴いた。キィィィィって小さい声だけど鳴いた。
「痛いんじゃない?可哀想だよ」って子供たちは言うけど、だってだってこのままにしておけない!
痛かったらごめんごめんごめんごめんって言いながらぎゅーって棒を押し付ける。
蝙蝠は小さい爪でしっかりカーテンに掴まってる。押すたびにキィィィって鳴く。
仕方ないので棒を爪の部分に移動させ、押しこくってみた。片方の爪がカーテンから外れて少し移動した。
その勢いでもう一度ぎゅーって押したら、完全に爪が外れてマットに移動させることが出来た。
動かなかった。いやその方がいいけど。
後はもう、すぐ家に入って夕方だけどカーテン洗った。
しばらくしてカーテン付けに行ったら、もういなくなってた。
 
その晩、蝙蝠が家の中を飛び回り子供のベッドの下に住み着く夢を見た。
怖かった。
子供は洞窟探検で、蝙蝠がいっぱい飛んでる夢を見たって言ってた。

356: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:50:56 ID:XxI
最後の3行でワロタ
こどもさん、かわいいねえ

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その17】





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年05月19日 07:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事