a0002_005803

718: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 08:36:45.30
自分の年齢34才
妻の年齢34才
結婚年数9年
子供の有無 娘7才 息子1才
離婚の理由
妻への不信感

携帯からで失礼します。

以前から気にはなっていましたが妻への不信感が募り離婚を、と考えています。

妻はとにかく人が苦手らしく私の親、親戚との付き合いが苦痛らしく子供を見せに帰っても1時間もすると親にばれないように睨んでくる位の様子なんです。
そんなコミュニケーション障害気味な妻を恥ずかしく思い昔は注意や話し合いをしましたが結果的には変化もなく現状となりました。

で、最近恥ずかしい話ですが景気が悪いために共働きをしてよ、と勧めたところ大激怒。
私は働きたくない、と言い切りその日から働かないから節電する、とクーラーをつけないとかいいだす始末。
正直情けなさでいっぱいですし、こいつと後何十年も一緒に暮らすと考えると嫌になりました。

しかしながらも妻は私に少なからず好意を持っているのはわかりますし、子供をすてて自分だけ幸せになるのは考えると心が張り裂けそうです。
1度しかない自分の人生を諦めるか、子供達の1度しかない人生に影響を与えるのか、とても悩んでいます。

私だけの妻に対する性格の不一致だけで離婚の理由にしてよいのか悩む毎日です。

子供の親権は争いきるつもりはなく円満離婚が希望です。






719: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 12:16:24.54
>>718
共働きを当然だと思うな。働かすにはお前もそれなりに家事を手伝うんだろうな?まともに養えないお前が情けないよorz

720: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 12:25:11.51
718です。
レスども。
もちろん家事しますから、どうか助けて下さい。
ってお願いしました。
働け、と伝えるのが嫌で悩み考えましたが自営業でしてどうにもこうにもいかなくて…確かに私の甲斐性のなさは恥ずかしいです。
で、悩んだ結果に助けて下さいとお願いすると、嫌だと断られたのですが、その瞬間に全てアホらしくなったとゆうか。
妻だけは最後にすがったら助けてくれると信じていたのですがそれも朽ち果て。何だかどうでもよくなった、というか。

確かに私の甲斐性も原因ですので情けない話ですが。

とりあえず離婚の話から切り出してみます。
嫌がられるだろうけど。

721: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 12:42:06.83
>>720
奥さんのそれって何かしらの障害か病気を疑って良いレベルでは?
普通の人がそれなりにこなせる人付き合いをこなせない、
それどころか攻撃的に睨みつけるってちょっと普通じゃないと思う。
客観的に見る限り、そういうのってうるさく言えばなんとかなるという類のものには見えないんだけど、
あなたはそうは思わない?
うるさく言えば、もしくはあーだこーだと理由をつけて納得させれば、
うまくコミュニケーションがとれるようになるか、働こうと思えるようになるかというと否だと思わない?
無責任な結果論かもしれないけど、注意や話し合いなんて無駄だったんじゃないかと…
それよりもっと早くに病院に行こうとか思わなかったのかと。
離婚したいならそうすればいいだろうけど、その前に少なくとも医者にみせた方がいいんじゃない?
その人に子供を預けるのって怖くない?
その辺を客観的に判断してもらった方がいいよ。
子供にどんなリスクがあるのかをね。
ともすればその奥さんの攻撃的な部分が子供に向くこともあるかもよ。
今目にみえている部分だけでも、子供にとっては十分不利な環境だとは思うけど、
せめて身の安全くらいは確保してあげないとね。

722: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 13:19:56.08
>>718
嫁からATMもしくは金づるとしか思われていないねw

離婚すれば嫁は嫌でも働かなきゃならなくなるから、しっかり離婚をしてあげましょうw

724: 名無しの浮気者 2011/08/17(水) 16:45:56.46
718です。
レスども。

離婚すると働かないといけないのでかなりの抵抗があるかと。
しかも、妻は私を嫌いではない(好きというか依存している感じ)のでかなりやっかいな感じです。


でも、今じゃないと年を重ねるごとに増長しそうで怖いし。


すっ、と実家に帰ってくれると助かるのですが嫁の親も離婚していて後妻さんがいてまして、後妻との娘もいます。
よって嫁曰く、自分の家じゃないとか。
帰る場所すらない嫁は…



考えると疲れます。
頑張りますがね。

引用元: ・離婚しようかどうか迷ってる人の相談スレ【x21】





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年05月09日 12:00 ID:uwakitaiken

おすすめ記事