ニュース・vip系

生活系

どうしようもなく疲れて部屋で腐ってたらマッチョの兄が「サイドチェストォ!!」とか言ってポージング始めた。私もスクワットに駆り出されたwww


195: 修羅場珍事 2007/01/06(土) 17:38:49 ID:cE6WOgxJ0
去年最後の修羅場中。 

どうしようもなく疲れて、体の血液がドロッドロになったかんじがしてどうしようもなくなって部屋で腐ってた。 
そうしたら何故だか途方も無く哀しくなって、静かに泣いていたら、自分の部屋の扉を兄が開けた。上半身裸で。 

兄は趣味でボディビルをやっている。それはもうムッキムキだ。頭頂部に穴が開いていなくて、ビームを撃たないのが不思議だ。 
まあ、それで急に自分の部屋にやってきて、凹み倒した自分の顔を見ると、何故だか、 
「サイドチェストォ!!」「サイドトライ!!!」「ラットスプレッドフロントォ!!!」などと次々とポージングをしはじめた。 
自分が呆然としていると、彼自慢のセクシーボイス(自称)で、体育館の中か何かでもマイクいらないような声量で、 
「どうしたあ?湿った顔をして!!こう言う時はスクワットだ!!いくぞお!いーち!にー!ほおら、一緒に!!さあ!!」 

と自分を無理やりスクワットに誘い、やらされた。

同僚「彼氏の弟とも付き合って三角関係やりたい!」 バラしてみたwww


942: 名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月)15:14:03 ID:mN2
昔、そこそこ仲良かった同僚に「仕事帰りに寄りたいお洒落なバルがあるけど一緒にどうか」と誘われた。
いいよーと返事したのだが、終業後の同僚に少し驚いた。
本命の合コンか結婚式にでも行くのかという、念入りなお洒落だった。

行ったバルには可愛い感じの若いバイトらしい男性従業員がいて、「あの子が気になるの」と同僚が言い、そうかーと返事して、
その直後、同僚が最近付き合い始めた彼氏がいたんじゃなかったかと思い出した。
「あれ、彼氏どうしたの?別れたの?」と訊くと「別れてないよ」と何故かドヤ顔で言う。
「あの子は今の彼氏の弟だよ」と言う。

知人「ご祝儀少なくない?」私「すみません。お祝いと思って色々作ったけど、30万請求するね」→結果


935: sage 2016/10/10(月)11:55:12 ID:OPL
長文ごめんなさい。

知人女性が先日結婚した。御年46才初婚。ちなみに相手は1つ年上のバツイチ。
彼女のいとこと仲良くさせていただいたため、結婚式におよばれしたがその内容に唖然とした。
デブス(塚地似・46)による4回のお色直し、キャンドルサービスにシャンパンタワー、倒れそうにそびえ立つケーキに入刀。
まあそこまでなら「結婚式、夢だったんだね…」と微笑ましくもある(ある意味泣ける)が、後日届いたLINEがスレタイ。

「関西弁とか下品。社会で嫌われるからやめたほうが良いよ」と言われたんだが。。。

937: 名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月)12:43:30 ID:kR6
私はこうして文字に起こすときは標準語
でも口で会話するときは関西弁

ゼミ班でLINEグループ作って連絡を取り合おうと言われたからLINEを入れたんだけど
班員の男がいきなり失礼なメッセージを送ってきた

前々から言いたかったんですけど
ぼく、関西弁って嫌いなんですよ
汚いし、上から目線で威圧してくるし、恐喝まがいだし
なんでLINEで標準語なのに喋るとき関西弁なんですか
下品だから辞めたほうがいいですよ
社会で嫌われますよ

風邪で寝てる最中に一方的にこれだけ送られてきて、気づいたのは数時間後
突然のこととはいえ、ここで私が感情に任せて返せば喧嘩になると思ったのでなるだけ冷静に返した

飛ばしてる車が事故る所に遭遇したんだが、無茶な運転するやつの神経がわからん。


932: 名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月)00:00:54 ID:tmN
今日、パートに行く途中、交差点で右折待ちをしていた。
対向車が左折ウインカーを出したんだけど全くスピードを落とす気配がなくて、
ここの交差点を過ぎたところで右折?と思ったけど
結構な急ハンドルで曲がって行った。
その車はかなり飛ばしていて、その先のカーブでかなり大回りしてたので
ハンドルが切り切れなかったんだー、危ないなー、と思っていたら
その先でキーッッ、ぱっこーんって音がして、あーあ、と思いつつ、
ゆっくりと進行したら、次のカーブのところで歩道に乗り上げてた。
ちなみにそこはバス停のちょっと先で、小学校の校門の前。

ブログパーツ
スポンサードリンク
最新コメント
Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
スポンサードリンク
お知らせ
人気・殿堂入り記事をまとめてみました! ★50コメント以上の人気記事★
★アンビリバボー殿堂入り記事★
記事検索
アクセスランキング