ニュース・vip系

生活系

同窓会で俺をイジメてたやつに再開。見つけたらぶん殴ってやろうと思ったんだが…

503: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 16:43:51.68 ID:fTl7OEEp.net

投下。 

俺は今はもうガッチリ筋肉太りで体系も年齢もおっさんなんだが、 
小さい頃は痩せてて右腕に大火傷のケロイドがある鼻タレだったんだわ。 
昔中学生のときに悪戯で教室の窓から半分以上体出されて、落されて、 
下に植木やら花壇やらあって、両足骨折だけで済んだのが笑い話。 
弟と妹も居たんだが俺には当時懐かなくて、グレてた弟妹のツケが 
俺に回ってきて、まあ色々と散々だった。 

俺は中卒して集団就職行かず、父の借金と弟妹の学費払うために地元に就職。 
板金工場だったんだが、そこでも俺は苛められた。 
父が昼間から飲む酒乱だったから、俺はあんなのにならないぞ、と今は嫁になってる彼女の助けもあって頑張った。 
普通免許取って、大型免許取って、板金関係の知識も頭に叩き込んだ。 

平日の真夜中に駅で酔っ払いのオジサンに声をかける同級生の女の子を目撃。話を聞いてみたんだが…

658: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/08(月) 22:20:17.15 ID:YmqFpwYl.net
学生の頃。たしか高校生だったかな。 
俺のクラスにそれなりに頭のいい女の子がいた。 
ただ、彼女自身愛想がよくなかったというか、あんまり人と話さない子で、クラスの奴らからはよくて何も言われない、悪いと妬み、みたいな感じだった。 
で、ある日、援交してるって話を噂で聞いた。夜遅くにオッサンと歩いてるの見た、とか、そんな感じの。 
まさかとは思ってたんだけど、その話を聞いて一ヶ月経たないくらいに、夜彼女を駅で見掛けた。 
人の事は言えないが平日の真夜中に何やってんだ、って思ってたら、千鳥足のオッサンになんか話し掛けて、盛り上がってた。 
まさか本当に……とか思ってたら、そのまま電車に乗り込む。俺も乗り込む。 
暫く見てたんだけど、俺の最寄手前でオッサンが降りた。彼女は手を降ってた。 
彼女が俺の最寄で降りたから、ちょっと話し掛けて聞いてみたら、恥ずかしそうに笑いながら話してくれた。 

「板前が死ぬのは板場だ」 どんなに体調が悪くても休むことを許さなかった馬鹿板長の末路www

898: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/21(日) 23:57:24.78 ID:BvzbusWO.net
前に働いていた料理屋での話。板場だけで30人近くいる老舗の大店だったんだけど、 
俺が働き始めて5年くらいして、急に新しい板長に変わったんだが、これがまた、 
「なんでこいつが板長?」と誰もが疑問に思うような馬鹿だった。 

恐らくは漫画の影響なんだろうけど、「板前が死ぬのは板場だ」が口癖で、どんなに体調が 
悪くても出勤させてた。インフルエンザで39℃の熱があるというのに出勤させ、板場で 
インフルエンザを流行らせたような大馬鹿。後で知ったがオーナーが妾に生ませた子で、 
ゆくゆくはのれん分けさせようと思っていたそうで、箔を付けさせるのが目的で板長に 
させたらしい(ちなみにそのオーナーも四代目のボンボン)。 

ある日、焼方で人望の厚い先輩Aさんに、結婚10年目にしてやっと授かった大事なお子さんが 
事故に遭ったという連絡が入った。板場の全員が「すぐに病院に行ってください」という中、 
その馬鹿が口を開いた。 

惣菜コーナーの天ぷらを素手で触って落とした中年女性が目に余ったので声を掛けたんだが…

683: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/10(水) 20:04:25.48 ID:OJJk1CrB.net
武勇伝とはいかないかもけど個人的にスッキリした話。 
スーパーで天ぷら買おうと思って、惣菜コーナー行ったら、中年の女が天ぷらを直接手に持ったりしてた。しかもそのうちの一つを床に落として慌てて皿に戻しやがった。 

「うへえ」と思ってたら、他の天ぷら取って立ち去ろうとしやがった。 
隣にいた若い女性客も「うわ…」って漏らしてた。 
潔癖性ではないが不快だったので 
「ちょっと、触れたり落とした奴くらい自分で買い取るべきですよ!」って注意したら 
「あんた何なの? ガキの癖に何様のつもりよ」ときれられた。 
「何様のつもりも何も直接他人が触った食べ物なんて誰も買いたがらないですよ! 」するとババアは 
「知らないわよ」だの、言いやがるから 

女「邪魔だババア!ちんたら歩いてんな!どけ!」車の俺「よろしければお乗せします」 雪が積もる道を歩いてたおばあちゃんを怒鳴りつける女が居たんだが

784: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/17(水) 09:49:04.49 ID:hpyV1i0e.net
リアルタイム武勇伝吐かせてくれ。 

昨晩11時頃で既に40cmくらい積もってた。 
公道の除雪も間に合ってないので、ゆっくりゆっくり帰ってたら、 
歩道歩けないせいで、車道でも側道沿いの、比較的雪の少ない場所を選んで歩いてるおばあちゃんが居た。 
直線1.5kmくらいの坂道。 

何処行くか知らんけど乗っけてってあげるべきかな~とか思ってたら、 
その後ろから、大人しそうな女性が一人早歩きで追い掛けてくる。 
追い付くなり「邪魔だババア!ちんたら歩いてんな!どけ!」って怒鳴りつけた。 
おばあちゃん、「すみません、すみません」って言いながら、とは言え速度上げられるわけでもなく、横に避けようにも場所も無く、急ごうとしてた。 
それでも急かす後ろの女。「邪魔だった、こっち(更に車道)出ろよ!」とか何か言ってた。 
ムカついたので私、窓開けて「どちらへ行かれるか存じませんが、よろしければお送りしますよ」と声掛ける。 
途端明るい顔になる後ろの女性。 
「違います、前の方です」って言ってハザード付けて、積んでたスコップ持って臨時歩道に横穴あけて、おばあちゃんを車に誘導。 
女が「私は!私だって急いでる」とか言ったけど「お元気そうですし、これで、前が空きましたよ。良かったですね」って言って、放置してきた。 

スポンサードリンク
Twitter プロフィール
更新情報を呟いています。 良かったらフォローお願いします!
follow us in feedly

最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
アンケートを設置しました
ご意見・ご感想などお待ちしております!
↓ ↓ ↓
アンケート
逆アクセスランキング